MENU

CLOSE

脱毛で膀胱炎を予防?脱毛と膀胱炎の関係について説明します

脱毛で膀胱炎を予防?脱毛と膀胱炎の関係について説明します

901views

カテゴリ:脱毛の悩み・疑問

膀胱炎とは

膀胱炎とは、尿を溜めておく役割を行う膀胱に、大腸菌などの腸内細菌や雑菌が侵入して炎症を起こす病気のことを言います。

男性に比べて女性に膀胱炎の発症が多いのは、尿道が短いことが挙げられます。

腸内細菌は尿道を通って膀胱に入るため、尿道の短い女性の方が侵入しやすくなるからです。

膀胱炎になると、トイレに行く回数が増える(頻尿)、排尿時に違和感がある、排尿時にピリピリとした痛みがある、残尿感、尿が白濁する、血尿、下腹部痛などがあります。

これらの症状は必ず全てが現れるのではなく、どれか一つでも該当する時は膀胱炎を疑った方がよいでしょう。

膀胱炎は病院で検尿によって調べた後、薬を服用して治療することができます。

放っておくと細菌が腎臓に達し、腎盂腎炎を引き起こす恐れがあるので、症状が現れた時は早めに病院に行って検査を受けるようにしましょう。

膀胱炎を防ぐには清潔が一番

女性が膀胱炎になりやすい理由には、尿道の短さだけではなく、尿道と肛門との距離の近さも関係しています。

距離が近いと当然ながら、腸内細菌が尿道を介して膀胱に侵入する機会が多くなってしまいます。

また、生理時にナプキンを利用することで蒸れが生じたり、陰毛に経血が付着して雑菌が繁殖するなど、デリケートゾーンの衛生面を保つことが難しいことも、膀胱炎になりやすい理由と言えるでしょう。

膀胱炎は女性の4~5人に1人は経験があると言われているほど、女性に多い病気です。

日ごろからデリケートゾーンを清潔にするように意識をすることは、膀胱炎にならないためにはとても大切であると言えます。

VIO脱毛をすると膀胱炎が予防できる?

VIO脱毛とは、いわゆるデリケートゾーンの脱毛のことを言います。

近年は、脇に次いでムダ毛を処理したい箇所に挙げられることも多くなりましたが、世間一般的にはまだまだ「人に見られない部分をわざわざ脱毛しなくてもよいのでは」という見方が多数なのが現状です。

しかし、最近はVIO脱毛には膀胱炎を予防する効果が期待できるとして、膀胱炎に悩んでいる人から関心を集めています。

その理由は、VIO脱毛によってデリケートゾーンのムダ毛が減ると、生理中の蒸れや経血、おりものの付着による雑菌の繁殖などが減るからです。

実際にVIO脱毛を受ける人の中には、生理中の不快感を軽減したいという理由も多くあります。

とは言え、VIO脱毛をしたからといって100%膀胱炎を防げるかと言われたらそうではありません。

なぜなら、膀胱炎はこれまでもご説明した通り、尿道から膀胱へと腸内細菌などが侵入・繁殖することで起こるからです。

いくらVIO部分にムダ毛が少ないとしても、清潔に保つことを怠ったり、不規則な生活で体の抵抗力が弱まっていれば、膀胱炎になる可能性はあります。

そのため、VIO脱毛はあくまでも膀胱炎を予防する一つの方法として捉えるのがよいでしょう。

VIO脱毛はプロに任せるのが安心

ムダ毛の処理を自分で行っている人は多いと思いますが、デリケートゾーンの場合、普段やり慣れている脇や腕、足とはかなり勝手が違ってきます。

デリケートゾーンは目視しにくく、皮膚の凹凸も多いので、セルフケアだけで綺麗に処理することは難しいと言えるでしょう。

また、カミソリや毛抜き、ワックスなどで行う自己処理は皮膚を傷める原因になり、そこから雑菌が繁殖して膀胱炎を起こすリスクを高めてしまいます。

そのため、VIO脱毛はプロの手にお任せするのが安心です。

VIO脱毛を受ける場合は、次の2つの方法があります。

美容クリニック

美容皮膚科、美容外科など呼び方は様々にありますが、医師による診察・施術を受けることができます。

脱毛部分にレーザーを照射し、熱を発生させて毛根部にダメージを与えることで、ムダ毛を処理します。

医療機関なので出力を高く設定することができ、脱毛効果を早くから実感することができます。

また、体調面などを看護師や医師に相談できるメリットもあります。

特に膀胱炎になりやすい人は、施術を受ける時に不安も強いと思いますので、そのような時は美容クリニックを選ぶとより安心できると思います。

脱毛サロン

脱毛サロンで使用する光脱毛器は、作用機序はレーザー脱毛器と同じですが、医療機関ではないため出力に制限があります。

そのため、レーザー脱毛に比べて脱毛効果を実感できるまで時間が掛かりますが、出力が低い分、痛みに弱い人でも耐えられるレベルとなっています。

また、レーザー脱毛に比べて料金が安く設定されており、学生でも通えるプランなども多くあります。

膀胱炎は癖になる?

一度膀胱炎になると、その後は膀胱炎を繰り返しやすくなると言われます。

実際に、何度も再発している人もいますよね。

膀胱炎を再発してしまうのには、次のような理由が考えらえます。

薬を自己判断で止めている

膀胱炎の治療で処方される抗生物質は、症状がよくなってきたら自己判断で飲むのを中止するのではなく、処方された分は必ず飲み切る必要があります。

なぜなら、症状がよくなったように思えても、炎症を起こす細菌がまだ膀胱に残っている場合、症状をぶり返してしまうからです。

また、体内に残った菌が薬に対して耐性を持つようになってしまうと、再び症状が現れても今度は薬が効かなくなる恐れがあるため、出された分は必ず最後まで飲み切るようにしましょう。

膀胱炎になりやすい生活をしている

しっかりと薬を飲み終えて一度は完治したにも関わらず、再び膀胱炎になってしまう人もいます。

この場合、膀胱炎を引き起こした細菌が棲みついているわけではなく、日ごろから膀胱炎を引き起こしやすい生活習慣が原因と考えられます。

本来、万が一尿道に細菌が侵入しても、人が持つ自浄作用によって炎症は起こりにくいと言われていますが、生活習慣の乱れなどで抵抗力が落ちている時などは、細菌を排出することができずに膀胱炎になってしまうのです。

膀胱炎になりやすいと言う人は、次のことに該当しないか改めて自分の生活を振り返ってみましょう。

  • 疲れやストレスを溜めている
  • 睡眠不足
  • 栄養が偏った食事をしている

雑菌が繁殖しやすい状況を作っている

  • トイレに行くのが面倒で水分を摂るのを我慢している
  • 生理用ナプキンをあまり替えない
  • 排尿後、手を後ろから前に引くように拭いている
  • ビデやウォシュレットをよく使用する

ビデやウォシュレットの使用は一見すると清潔に保つためにはよいように思えますが、頻繁に使用してしまうと自浄作用を低下させ、返って細菌に感染しやすくなってしまいます。

また、ウォッシュレットの水が飛び散って細菌が付着して感染することもあるため、ノズルや便器は常に掃除をするようにしましょう。

膀胱炎かなと思ったら

膀胱炎のような症状が現れた時、次のような対処を行うことで症状を緩和することができます。

水分をたくさん摂る

水分を摂って尿量を増やすことで、膀胱に侵入・繁殖した細菌が尿とともに排出されるため、症状が治まることがあります。

ただしこの時に冷たい飲み物を摂ると体を冷やしてしまうので、白湯などの温かいものを摂るようにするのがよいでしょう。

体を温める

体が冷えていると症状がより強く出ることがあるため、体を冷やさないようにすることが大切です。

特にお腹はカイロなどを貼って温めるようにするのがよいでしょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事