MENU

CLOSE

予約が取れて、キャンセルしやすいサロンを徹底調査!ランキングで解説します!

予約が取れて、キャンセルしやすいサロンを徹底調査!ランキングで解説します!

818views

カテゴリ:施術する前の疑問や不安

予約がとりやすいサロンを選ぼう!

脱毛サロンに通ってもなかなか予約が取れないとがっかりしてしまいますよね。

個人差もありますが、全身脱毛は効果を実感するまで6回〜12回、脱毛完了までは18回〜60回の施術が必要だと言われています。

それなのに年に何回かしか通えないとしたら、果てしなく長い脱毛期間が必要になってしまいます。

せっかくツルツルの肌を手にいれたいとワクワクしていた気持ちをなくさないためにも、予約のとりやすいサロンを選びましょう。

今回は大手脱毛サロン7社を徹底比較して、予約のとりやすいサロンを調査しました。これを参考に、ご自身のライフスタイルにあった脱毛サロンを選んでみてはいかがでしょうか?

予約が取れないサロンの3つ理由

予約が取りづらいサロンとはどのようなサロンなのでしょうか?脱毛業界が抱える予約が取りづらい理由がありますので、そこには主に3つの理由がります。

予約が取れないサロンとは?その理由

  • 店舗数が少ない
  • 6、7月にお客さんが殺到する
  • 無料カウンセリング枠の存在

それぞれポイントを説明していきます。

店舗数が少ない

全国展開をしているサロンも多いですが、店舗数が少ないサロンも多いのが現状です。

するとアクセスが便利な店舗に予約が殺到してしまい、予約が難しい状況を作ってしまっています。

そのため、店舗数が多いサロンを選ぶことも、予約のとりやすくなるポイントです。

6、7月にお客さんが殺到

「無料キャンペーン」や「ワンコイン100円でワキ脱毛」などの広告を見かけたことがありませんか?

このような脱毛キャンペーンをしている脱毛サロンが増えています。特に夏にかけてキャンペーンが増えるので、この時期になると予約が殺到してしまいます。

すでに契約している方の予約ももちろん露出の多い夏にかけて増えるので、時期が重なり予約がとても取りづらくなってしまいます。

6、7月は予約がとりづらいと覚えておくとストレスも減るかもしれません。

無料カウンセリング枠の存在

脱毛に通い始める際、無料カウンセリングをしてくれるサロンがほとんです。

この初回カウンセリングは、私たち通う側にとっては脱毛への不安や疑問を解消くれる大切な時間です。

ただこれは店舗にとっても新規顧客獲得のための大切な時間なんです。

そのため、多くのサロンで既存顧客が予約を取れない、1日数時間の無料カウンセリングのための時間が設けています。

通い始める時にはありがたいサービスですが、予約枠を少なくしてしまう原因にもなっています。

ただし、当日予約が可能なサロンの場合、空きがあれば既存顧客の予約が可能な場合があります。

空きがあれば教えてくれるサービスをしているサロンもあるので、サロン選びの際のポイントにもなります。

予約の周期はどのくらい?

一般的に脱毛は毛の生えてくるサイクルに合わせて行います。サロンにもよりますが、「2ヶ月後」以降が予約のとれる周期になります。

これは、脱毛する時には毛の生える周期が理由です。

脱毛は、毛周期の「成長期」の段階で脱毛をしなければいけないのですが、脱毛後に再度「成長期」がくるのが2ヶ月後です。

もしもこの成長期より前に脱毛の施術をしても、毛根が存在しないので無意味な施術になってしまいます。このため、脱毛は2ヶ月周期の予約となります。

ただし、これからご紹介するサロンの1つ「ストラッシュ」は「成長期」の毛へ働きかけるのではなく毛全体へ効果のある脱毛を行っています。

短期間で脱毛することができることをセールスポイントにしているので予約はもっと短期間でとることができます。短期集中で脱毛を完了させたい方は注目です。

脱毛サロン7社の予約のとりやすさランキング!徹底比較しました。

それでは、ここからは大手脱毛サロン(以下の7社)について、予約のとりやすさ、キャンセルのしやすさなどについて比較してみました。

大手脱毛サロン7社(当サイトで独自にセレクト)

  • キレイモ
  • 銀座カラー
  • 脱毛ラボ
  • ストラッシュ
  • ジェイエステ
  • ミュゼ
  • シースリー

比較した項目は次のとおりです。

比較した項目

  • 予約方法
  • 他店舗施術
  • 店舗数・施術室数
  • 営業時間
  • 直前のキャンセル

まずは、結果からお見せします。

サロン 予約方法 他店舗施術 店舗数と施術室数 営業時間 直前キャンセル
1位キレイモ
2位ストラッシュ
3位ミュゼ
4位銀座カラー
5位ジェイエステ
6位シースリー
7位脱毛ラボ

キレイモ、ストラッシュ、ミュゼはユーザー目線のサービスが多いことがよくわかります。

特に1位のキレイモはどれをとっても高得点で非の打ち所がない印象です。

また、2位のストラッシュはまだ新しいサロンですので、店舗数は少ないですが、その他の項目では全て「◎」となり、予約の取りやすさを考えているサロンといえます。

5位になってしまったジェイエステですが、サロンに通う年齢層が少し高めなこともあって、ウェブ予約ができないなどの状況があります。(サービス面は素晴らしいです。)

それぞれの項目については、以下でサロンごとの状況を調べていますので、確認してみてください。

サロンごとの予約方法(電話・WEB・時間など)の比較

脱毛サロンによって予約の方法はどうなっているのでしょうか?

脱毛サロンに通い始めると大切なのが予約方法です。なるべく手間を省けるかということもサロンを選ぶポイントです。

電話とWebの対応の違いを比較してみました。

電話 電話予約受付時間 Web(予約受付時間)
キレイモ 11:00〜21:00 ○(24時間受付)
銀座カラー 平日12:00〜21:00
土日祝10:00〜19:00
○(24時間受付)
脱毛ラボ 10:00〜20:30 ×
ストラッシュ 10:00〜22:00 ○(24時間受付)
ジェイエステ 平日・土曜10:00〜19:00
日祝10:00〜18:00
×
ミュゼ 10:00〜19:00 ○(24時間受付)
シースリー 12:00〜21:00(第2火曜、水曜休み) ○(24時間受付)

電話受付では「ストラッシュ」が22:00まで受け付けてくれているので、仕事が遅い方には便利かもしれません。

ただし、「脱毛ラボ」と「ジェイエステ」以外のサロンがWebで24時間の予約受付が可能です。

Web予約はふと思い出したときに手軽に予約できることができるのでとても便利な機能です。

契約店舗以外の店舗での施術状況の比較

契約した店舗以外での施術ができるととても便利です。

「学校の近くだから授業が終わり次第行きたい」、「用事のついでに寄って行こう」など何かのついでにちょっと脱毛サロンに寄ることができます。

各サロンによって条件が違うので、比較をまとめました。

契約店舗以外の施術が可能か 手数料
キレイモ 0円
銀座カラー 0円
脱毛ラボ 1回につき1000円
ストラッシュ 0円
ジェイエステ 転勤・引越しなどでの店舗変更が可能
ミュゼ 0円
シースリー 0円

「脱毛ラボ」以外は手数料なしで施術してもらうことができます。

自宅最寄り駅以外の場所にも頻繁に出かける方には良い条件です。

逆に契約店舗のみでしか施術の予定がない方には「脱毛ラボ」も「ジェイエステ」でも問題ありません!

サロンごとの店舗数と施術室数の比較

予約がとりづらい原因の一つが「サロンの数が少ない」とご紹介しました。

そこで、各サロンの店舗数と施術室の数を調べました。施術室の数は、各サロンの店舗に1度に何人予約がとれるかという指標になります。

店舗数 施術室の数
キレイモ 47店舗 3〜18室
銀座カラー 50店舗 4〜28室
脱毛ラボ 55店舗 3〜12室(パーテーションの場合あり)
ストラッシュ 9店舗 2〜10室
ジェイエステ 100店舗以上 不明
ミュゼ 179店舗 4〜15台
シースリー 71店舗 3〜10室

※店舗数は2017年6月現在

断トツで店舗数の多いのが「ジェイエステ」と「ミュゼ」です。

店舗によって異なりますが、施術室が多いのが「銀座カラー」と「キレイモ」です。平均点を取るなら「ミュゼ」です。

営業時間の比較

通いたい時間帯は人によってバラバラだと思います。学生さんなら授業やサークル、アルバイトの合間の時間、主婦の方なら昼間の間、会社員の方なら土日や夜が便利です。

営業時間もサロン選びの大きなポイントに比べてみてください。

営業時間
キレイモ 11:00〜21:00
銀座カラー 平日12:00〜21:00、土日祝10:00〜19:00(一部店舗は異なる)
脱毛ラボ 10:00〜22:00(店舗によって異なる)
ストラッシュ 11:00〜21:00(店舗によって異なる)
ジェイエステ 11:00〜20:00(店舗によって異なる)
ミュゼ 10:00〜20:00
シースリー 12:00〜21:00(第2火曜、水曜休み)

ほとんどの店舗が10:00オープン、20:00や21:00までの営業となっています。

中でも「キレイモ」は全店舗で21時まで営業しています。

また、「脱毛ラボ」は店舗によっては22:00まで営業しているので、会社帰りに寄りたい方にはぴったりの条件です。

「シースリー」のみ平日休みがあるので要注意です。

直前のキャンセル・変更の比較

「急な予定が入ってしまった」

「予定外の生理が来てしまった…」

「子どもが体調不良でお休みしないといけに」

ということは女性ならばよくあることだと思います。

そんな時、サロンの予約をキャンセルや変更できるかどうかもサロンによって変わってきます。

場合によっては追加料金を取られてしまうことがあるので、事前に知っておくことが大切です。

直前のキャンセル・変更 詳細
キレイモ 電話、Webにて連絡。 パックプランは前日までキャンセル可能。
銀座カラー 店舗、電話、Webにて連絡。 施術前日の19:00まで可能。
脱毛ラボ 予約した店舗に連絡。 2日前の21:30まで可能。前日キャンセルは1000円、当日キャンセル1000円+1回分消化。
ストラッシュ 予約した店舗に連絡。 回数制パックプランであれば当日キャンセルでも無料。月額制プランはコース1回分消化。
ジェイエステ 予約した店舗に連絡。 原則3日前までに営業時間内に電話連絡で可能。当日キャンセルの場合は1回分消化。
ミュゼ 電話、Webにて連絡。 前日までの連絡でキャンセル料なし。
シースリー 電話にて連絡。 予約1分前まで可能。

全サロンとも事前に連絡すればキャンセルも変更も可能です。

ただし「ジェイエステ」の「連絡は3日前」までという条件から、「シースリー」の「予約1分前までOK」というサロンもあり、条件の幅は様々です。

普段から予定がどれだけ動きやすいかということも判断材料にしましょう。

タイプ別のおすすめサロン!

予約のとりやすさを感じるのは、ライフスタイルや通う方の状況によっても違うと思うのでタイプ別に予約のとりやすいサロンの結論をお伝えします!

会社員には「キレイモ」か「シースリー」がおすすめ

会社員の方は仕事終わりの夜か、お休みの土日に通いたい方がほとんどだと思います。

さらに、「急な接待が入ってしまった」「トラブルが起きて残業必須」など急な予定も入りがちです。

そこで、オススメなのは全店舗で21時までやっていて、他店舗でも施術可能な「キレイモ」、もしくは予約時間1分前までキャンセルのできる「シースリー」です。

臨機応変に対応できるサロンが味方になってくれます。

学生や主婦には「ミュゼ」がおすすめ

学生はいろいろなところに出かけることが多い

学生の方は自宅と大学の最寄駅、サークルの集合場所など場所の移動が伴います。また、授業の合間やアルバイトの空き時間などに効率よく予約できるサロンがオススメです。

ということで、他店舗で施術することができ、店舗数と施術室数の多い「ミュゼ」がおすすめです。

なお、常にキャンペーンをやっていて、500円以内の金額で両ワキ、Vラインが通い放題となりますので、金額としても学生には嬉しいと思います。

主婦は小さい子どもが幼稚園に行く午前中にも通いたい

午前中から通うことができて、予約がとりやすいと便利です。

そしてお子さんが急に具合が悪くなった時でも臨機応変に対応してくれるサロンだとなお良いと思います。

そこで、10:00からオープンしていて昼間の予約がとりやすく、前日までキャンセルが可能な「ミュゼ」がおすすめです。

施術室の数も比較的多いので、予約のキャパシティが広いのもポイントです。

おわりに

いかがでしたか?大手の脱毛7社を比較して予約のとりやすさを調査しました。

予約方法や営業時間の差はもちろんありましたが、一番差が大きかったのが店舗数と直前キャンセルの条件でした。

これをヒントにそれぞれのライフスタイルやニーズに合わせて、自分にぴったりな脱毛サロンを選んでいただければ嬉しいです。

お得に、損をせずに便利に通える脱毛サロンが見つけてくださいね。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事