MENU

CLOSE

脱毛で肌荒れするの?肌荒れした時の対処法などを教えます

脱毛で肌荒れするの?肌荒れした時の対処法などを教えます

457views

カテゴリ:脱毛の悩み・疑問

脱毛で肌荒れすることがあります

脱毛サロンや美容クリニックで脱毛の施術を受けたら、施術後、乾燥が進んで皮膚がごわごわになってしまった。

赤みやポツポツが治らず、肌を隠したり、マスクをしながら生活する羽目になってしまった・・。

このようなことは、残念ながら誰の身にも起こりうることと言えます。

綺麗な肌になるために脱毛を決意したにも関わらず、いざ施術を受けてみたら肌が綺麗になるどころか、人の目に晒せないような状態になるのはつらいですよね。

しかし、ここで大切なことは、脱毛で肌荒れすることがあると言うことを、施術前にしっかりと知っておくことで、正しい予防や対処が可能になると言うこと。

せっかく受けた施術を後悔しないためにも、脱毛による肌荒れを少しでも回避するように努めましょう。

脱毛で肌荒れしてしまう理由

ムダ毛をなくし、肌がツルツル、スベスベになるはずの脱毛で、肌荒れしてしまうのは一体どうしてなのでしょうか。

ここでは、主な原因をご紹介したいと思います。

施術による熱ダメージ

脱毛サロンと美容クリニックでは、取り扱っている脱毛器に違いはあるものの、光(レーザー)をメラニンに反応させ、熱エネルギーを発生させることで、毛根部や毛乳頭を破壊してムダ毛を処理する、という脱毛方法自体にそれほど変わりはありません。

どちらも施術中は、熱によるダメージが毛穴以外の肌部分に及ばないように、冷却をして対処しますが、毛穴やその周辺には熱が加わってしまうため、人によっては赤みや腫れなどの症状が目立ち、軽いやけどのような状態になることがあります。

出力が強すぎる

脱毛の施術は、脱毛に関して専門知識がある人(脱毛サロンならエステティシャン、美容クリニックなら医師または看護師)が行いますが、中には脱毛効果を高めることに重きを置きすぎてしまい、照射のレベルを上げ過ぎてしまうこともあります。

照射レベルが高くなると、それだけ毛が抜けやすくなる半面、肌に強いダメージを与えてしまい、肌荒れを起こすことがあります。

保湿が不足している

脱毛後の肌は、皮膚本来のバリア機能が低下し、乾燥しやすい状態となっています。

そのため、施術後は保湿を十分に行うように脱毛サロンや美容クリニックから言われますが、保湿を怠ると肌の乾燥が進んで、ひどい肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。

血行を促進するようなことをしてしまった

施術後は運動や入浴、アルコールなど、血液の巡りがよくなることは控えるように言われます。

血行が促進されると、炎症やかゆみを増長させ、肌荒れを悪化させる原因となってしまいます。

直射日光を浴びる

軽いやけどのような状態になっている肌が、直射日光に晒されたら、当然ながらダメージの回復が遅れてしまい、症状を悪化させることに繋がります。

脱毛で肌荒れしやすい人

乾燥肌の図

脱毛の施術を受けたからと言って、受けた人全員が必ず肌荒れするわけではありません。

では、脱毛で肌荒れしやすい人とはどのようなタイプなのでしょうか。

乾燥肌や敏感肌の人

化粧品を変えると肌にトラブルが起こりやすい人や、季節の変わり目など空気が乾燥しがちな時期に肌の調子が悪くなりやすいという人は、肌が敏感になっているため、少しの刺激でも肌荒れを起こしやすいと言えます。

アトピー性皮膚炎など皮膚疾患のある人

アトピー性皮膚炎の場合、肌が常に乾燥しているため、脱毛機器の光やレーザーを照射することで乾燥がひどくなり、肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

施術当日の肌の調子が悪い人

敏感肌やアトピー性皮膚炎に当てはまらない場合でも、施術当日に肌が乾燥していたり、かゆみなどがあると、施術によって肌荒れが起こることがあります。

「自分の肌は丈夫だから」と過信せず、いつもと肌の状態が違うと感じたら必ず申告するようにしましょう。

脱毛後に肌荒れしないための対処法や予防法

脱毛後の肌荒れは、適切なケアによってある程度予防することが可能です。

また、万が一肌荒れしたとしても、対処を間違わなければ症状を悪化させることなく、回復させることもできます。

綺麗な肌を目指すなら、脱毛サロンや美容クリニックに任せっきりではなく、自分でも対策を講じることが大切ですよね。

そこでここでは、脱毛後に肌荒れしないための対処法や予防法をご紹介したいと思います。

施術後は肌を冷やす

施術後に肌の赤みやかゆみが気になる場合は、冷水で濡らしたタオルなどを患部にあてて冷やすのがよいでしょう。

ただしこの時、保冷剤などを直接肌に付けると、低温やけどを起こしたり、冷やし過ぎが逆に肌に刺激になることもあるため、過度になり過ぎないように注意して下さい。

保湿を十分に行う

脱毛後の肌荒れ対策として最も重要なのが保湿になります。

保湿を怠ると肌が乾燥し、症状が悪化しやすくなります。

普段使っている化粧水があればそれを使用して構わないのですが、施術後の肌は敏感になっているので、敏感肌用や低刺激の化粧水を使用するのがお勧めです。

入浴、運動、アルコール、日焼けに注意する

施術後、肌の赤みなどが消えるまではこれらは控えるようにして下さい。

特に運動や入浴は、体を温めて炎症が悪化しやすくなるだけではなく、傷ついた皮膚に雑菌が入り込んでしまうリスクが高くなります。

事前に相談する

肌に関して少しでも不安や疑問がある時は、カウンセリングで必ずその旨を伝えましょう。

また、肌が弱い人はあらかじめ伝えておくことで、施術の際の出力を通常よりも低めに設定して、肌荒れしないために脱毛サロンや美容クリニック側も対策をしてくれます。

脱毛後、肌に赤みや熱っぽさが生じるのは異常ではありません。

しかし、通常であればそのような症状は数日で落ち着くものです。

日が経つにつれて症状が強くなったり、一週間以上経っても治らない場合は、トラブルが起こっている可能性が高いので、皮膚科を受診するか、施術を受けた脱毛サロンや美容クリニックに相談するようにして下さい。

肌荒れがあると脱毛の施術は受けられません

脱毛による肌荒れではなく、脱毛を受ける前に肌荒れが起こった場合、予約の変更やキャンセルがもったいなくて、つい黙って施術を受けようと思う人がいます。

しかし、肌荒れしている時は、施術を受けることはできません。

これは、脱毛の施術を受けるには「肌が健康な状態であること」という条件があるためです。

事前にあった肌荒れを報告せずに施術を受け、その後トラブルが生じたとしても、場合によっては保証の対象外となってしまうこともあるので、隠さずに正直に話すようにしましょう。

肌荒れをしているのが一部であれば、その部分を除けて施術をしたり、施術部位を変更するなど、脱毛サロンや美容クリニック側が対応してくれることもあります。

肌荒れがある場合の脱毛サロン別の対応

ミュゼプラチナム

ミュゼでは、施術当日に肌が乾燥している場合は施術をお受けしていません。

また、にきびや傷跡、痣がある時は、その部位を避けて施術を行うこともありますが、ヘルペスは部位に関わらず施術は不可となっています。

さらに、肌が弱くて施術に不安のある人やアトピーのある人は、カウンセリングでの相談をお勧めしています。

アトピーに関しては、肌の状態が安定していて、薬を使用していなければ、施術を受けられる可能性もあります。

キレイモ

キレイモの脱毛は、肌に直接ダメージを与えない方法となっています。

また、施術前に肌の状態を確認した上で施術を行うため、肌が弱く脱毛の施術に不安を抱えている人でも安心して受けることができますが、カウンセリング時に必ずその旨を伝えるようにしましょう。

銀座カラー

敏感肌や肌が弱い人でも、施術前に肌の状態を見て判断するため、諦めずにまずはカウンセリングを受けてみることをお勧めしています。

ただし、極端に肌が弱い人や乾燥している場合は、皮膚の状態を見て、施術をお断りすることもあります。

なお、アトピーについては症状が落ち着いていれば施術は受けられますが、その際には医師の確認が必要となります。

ストラッシュ

ストラッシュが採用している脱毛器は、一般的に使用されているIPL方式とは異なるSHR式です。

SHR式は、毛根部や毛乳頭に熱ダメージを与えるのではなく、毛を包んでいる毛包にじわじわと熱を加えるため、高い温度が肌に照射されることがなく(40~50度ほどの温度)肌が弱い人でも施術を受けることができます。

また、日焼けした肌や敏感肌で他の脱毛サロンで施術を断られた人でも、上記の理由からストラッシュでは施術可能となることもあります。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事