MENU

CLOSE

脱毛サロンに行く時には服装も気をつけよう!楽な服装や施術時の着替えを紹介します。

脱毛サロンに行く時には服装も気をつけよう!楽な服装や施術時の着替えを紹介します。

1076views

カテゴリ:施術している時の疑問や不安

脱毛サロンに行くときの服装

セルフでの脱毛に限界を感じ、脱毛サロンデビューを計画し始めた時、どんな服装で行けばいいのか・・。サロンでは着替えをしたりするのか・・。このような悩みを抱えることはありませんか?

そこでここでは、脱毛サロンへ行く場合の服装や施術着などについて詳しくご紹介したいと思います。

もっとも大切なこと

サロンに到着し、施術の内容や注意事項の確認などが終わると、個室に移りそこで着替えを行います。

その際、着替えるのに時間が掛かる服装だと、施術の開始が遅れてしまったり、中には一人当たりに割り当てている時間を決めているサロンもあることから、場合によっては施術時間を削られてしまうこともあり得ます。

そのようなロスを防ぐためにも、脱毛サロンに行く場合は、ファッション性にこだわるよりも、第一に脱ぎ着しやすい服装を意識するのがよいでしょう。

施術する部位ごとに適した服装があります

脇はあまり気にしなくてもOK

脇脱毛の場合、キャミソールないし下着(ブラジャー)を着用しての施術となることが殆どです。

そのため、基本的には服装に関しては、好きなものを着て行ってもOKとなります。

なお、施術時には照射部分にジェルを塗るため、自前のキャミソールや下着が汚れる可能性があります。

多くの場合は同様の施術着が用意されていますが、サロンによっては脇の脱毛では施術着が用意されないこともあるため、事前にカウンセリングで確認するのがよいでしょう。

VIOの場合は施術着が用意されている

VIOラインの脱毛の場合、施術時に施術着に着替えることになるため、サロンに行く服装については特に気にする必要はありません。

ただし、サロンによっては上半身は自分の服で、下半身のみスカートタイプの施術着を着用というところもありますので、こちらもカウンセリングの時にどのような施術着なのか、あらかじめ確認しておくのがよいでしょう。

また、デリケートゾーンの脱毛処理となるため、サロンでは専用の紙パンツに着替えて施術を受けることになりますが、こちらもサロンによっては何も着用せずに施術を行う場合もあるため、合わせて確認するのがよいでしょう。

全身も施術着で施術

全身脱毛の場合は、専用の施術着(脱衣が簡単なバスローブが多い)に着替えるため、自分の服のまま施術を受けることはありません。

しかし、脱毛の施術で光を照射して肌に熱がある状態で、通気性の悪い服や汗の吸い取りが悪い素材を着て帰ると、肌へのダメージが強くなってしまうためおすすめできません。

そのため、全身脱毛を受ける際には、できるだけ通気性がよく、汗を吸い取ってくれる素材の服を着用し、なおかつ絞め付けが強くないゆったりとしたものを選ぶのがよいでしょう。

また、脱毛後の肌を労わる点でも、肌を露出するような服装も避けるようにしましょう。

顔の場合はカットソーなどが良い

顔脱毛の場合は、服装にこだわる必要がないのでは?と思うかも知れませんが、光の照射が首にまで及ぶことがあるため、できれば首元が詰まっていないカットソーなどを着て行くのがよいでしょう。

脚の場合はフレアスカートなどが良い

脚脱毛の場合は、フレアスカートなど脚を捲りやすい服装をして行きましょう。

サロンによっては特に施術着に着替えることなく、そのまま脱毛を行うこともあるため、デニムなどのズボンを穿いていくと下半身は下着のみの状態で施術を受けることになる可能性があります。

なお、スキニーなど脚にぴったりと張り付くようなボトムスは、施術後の火照った肌を傷める原因になるため避けるようにして下さい。

お腹はゆったりとした服装で

以外と悩んでいる人が多いのがお腹に生えているムダ毛。

水着になった時や試着の際などに、人に見られるのが嫌で脱毛を決意する人も多くいます。

お腹の脱毛の場合も、施術着に着替えて施術が行われるため、サロンに行く服装については特に気にする必要はありませんが、施術後の肌トラブルを避けるためには、全身脱毛と同様に通気性のよい、ゆったりとした服装で行くのがよいでしょう。

施術着の種類

ラップタオル

長めのバスタオルを、胸から下を覆うように巻きつけるタイプの施術着です。

脱ぎ着やしやすいため、多くのサロンで採用されており、施術時には脱毛する部分だけを捲ることができるため、必要以上に肌を見られる心配がないのも嬉しいところです。

キャミソール

脇や腕など上半身の脱毛の時によく使用されるのが、キャミソールタイプの施術着です。

肌の多くが隠れているため、恥ずかしさがなく、施術を受ける側にとって精神的な負担が少なくなっています。

ベアトップワンピース

ラップタオルと同様に脱ぎ着が楽なため、サロンの多くで採用されている施術着です。

ただし、脇や腕の脱毛で着用することはなく、多くは全身脱毛やVIO脱毛時に着替えて脱毛する部位のみを露出して施術を行います。

冬の服装について

肌の露出が多くなる夏に向けて、冬のうちから脱毛を行うという人は多いと思いますが、冬に脱毛を受ける場合の服装でも、気を付けておくべきことがあります。

それは、冬はどうしても寒さ対策のため着こむことが多くなるので、着替えに掛かる時間が増えてしまうこと。

とは言え、寒いのを我慢してまで薄着で行くのもどうかと思いますよね。

そのような時は、アンダーウエア―には通気性のよいものを着用し、その上からセーターやトレーナーなどを着て保温性を高めるのがよいでしょう。

また、オールインワンタイプの服装は脱ぎ着に時間が掛かるため、上下別になっているものを着用したり、ストッキングやタイツなど着替えに時間が掛かるものは着用しないようにするなどの工夫をしましょう。

施術中の温度は?

ベッド

サロンの多くは、夏であればエアコン、冬であれば暖房を入れて室温が最適な状態になるように保ってくれています。

しかし、施術中は肌へのダメージを少なくするために冷却ジェルを使用したり、施術後はクールダウンのために保冷剤や冷やしたタオルを照射部分にあてるなど、ある程度の寒さは我慢する必要があります。

特に全身脱毛の場合は、時間も長く、冷やす箇所も多いため、寒さが最も辛かったという人が多くいらっしゃいますが、あまりにも辛い時は遠慮せずにサロンのスタッフに声を掛けてみましょう。

冷やす必要がない部分にタオルを掛けてくれたり、室温を上げてくれるなどの対処をしてもらえます。

医療脱毛(レーザー脱毛)の時の服装

脱毛サロンでの光照射ではなく、美容クリニックなどでのレーザー脱毛を受ける場合にはどのような服装が好ましいのでしょうか。

基本的にはサロンでの脱毛と同じ

クリニックでのレーザー脱毛であっても、服装に関してはサロンでの脱毛とほぼ変わりません。

ただし、レーザーの場合は黒や茶色に反応するため、自分の服を着たままで施術を受ける時にはそのような色合いは避けるようにして下さい。

例えば、脇の脱毛を行う際に黒系のキャミソールや下着を着用していると、レーザーが反応して発熱することがあるため、白っぽいものや薄いピンクなどがよいでしょう。

施術後はなるべく紫外線に当たらないような服装を心掛ける

腕や脚のレーザー脱毛をした場合、その部分が紫外線に当たらないような服装をしましょう。

夏場であっても長袖長ズボンが好ましく、さらに肌にぴったりとしているよりは、ゆったりと余裕のある方がおすすめです。

また、顔脱毛を行った人は必ず帽子を被って紫外線対策をして下さい。

カウンセリング時の服装は?

カウンセリングを受ける時には、できるだけ施術当日に近い服装で行ってみるのがよいしょう。

そうすると、室温などの感じ方がわかりやすくなりますし、カウンセラーの人にも「このような服装で問題はないか?」と尋ねることができます。

まとめ

脱毛サロンに行くときの服装について、説明してきました。

基本的にはサロンは室温が管理されていますし、快適に施術を受けることができます。

とはいっても、着替えは素早くできる方が自分自身も楽でいいと思います。

脱毛サロンに行く際の参考にしてください。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事