MENU

CLOSE

脱毛してもプールに入れる?脱毛とプールの関係を解説します!

脱毛してもプールに入れる?脱毛とプールの関係を解説します!

1678views

カテゴリ:脱毛の悩み・疑問

脱毛している人はプールは控えましょう

脱毛したいと思う動機は人それぞれにあると思いますが、夏になると海やプールに行く機会が増えるため、その時にムダ毛で恥ずかしい思いをしたくないから、という人も多いのではないでしょうか。

それゆえ、脱毛を始めてどんどんとムダ毛が少なくなってきたら、やっとプールで思いっきり楽しめる!と思いますよね。

しかし、脱毛サロンや美容クリニックにて脱毛のカウンセリングを受けると、「施術後はプールに入るのを控えて下さい」と言われます。

プールのために脱毛を決意した人にとって、大変ショックなことかも知れませんが、これは特定の脱毛サロンや美容クリニックがNGとしているのではなく、多くのところが定めているルール。

そこには当然ながら、守るべき理由があります。

脱毛中にプールに入るのがダメな理由

塩素による肌への負担

プールの水は消毒のため塩素が入っています。

塩素は私達にとって身近なもので、水道水の殺菌を始めとして、台所用品や洗濯の漂白剤として用いられており、正しい使用方法ではあれば害はないと言われています。

しかし、脱毛後の肌においては別です。

プールに入っている塩素は、通常の肌であればそれほど刺激のある量ではありませんが、脱毛の施術後は肌が敏感になっているため、塩素の刺激を受けやすくなっています。

これと同様の理由で、水道水を沸かして入る自宅の湯船も、脱毛後は数日浸からない方がよいと言われています。

塩素が含まれる水が触れることは、脱毛後の肌にとっては好ましい状態とは言えないのです。

多くの人が利用する場所だから

いくら塩素によってプールの水が消毒されていると言っても、不特定多数の人が入る以上無菌状態とは言えません。

そのため、塩素による刺激は免れても、雑菌が肌に付着して炎症や化膿を起こす可能性は0ではありません。

肌に傷がある状態でプールに入った時、その後傷口が炎症を起こして腫れたり、痛くなった経験がある人もいらっしゃるのではないかと思います。

それだけプールには雑菌が多いのです。

これはプールに限らず、温泉など多くの人が利用する入浴施設でも同じことが言えます。

なお、プールにはジェットバスが備え付けられていることがありますが、プールじゃないから大丈夫とこちらに入ることのないようにしましょう。

脱毛の施術では日焼けは絶対NGです

光脱毛もレーザー脱毛も、施術前後の日焼けは厳禁です。

なぜなら、施術によって敏感になった肌に紫外線を浴びるわけですから、当然ながら普段よりも肌にトラブルが起こりやすくなってしまうからです。

また、施術前に日焼けをしてしまうと、光やレーザーが肌を刺激してしまい、炎症や化膿が起こりやすくなってしまいます。

毎日の生活でも日焼けをしないようにと、脱毛サロンや美容クリニックから言われます。

そのような中、屋外にあるプールへ行くのは、自ら肌を痛めつけるようなもの。

屋内なら問題ないと思うかも知れませんが、窓際は直射日光が入り込みますし、日差しがあたった水面はきらきらと反射して、跳ね返った紫外線が肌にあたりやすくなります。

運動によって血行が促進されるから

脱毛後にプールに行きたいと思う人の中には、ムダ毛の処理だけではなく、スタイルがよくなるためにダイエットをしたいからという理由もありますよね。

水泳を含め水の中で動くことは全身運動になるため、痩せる効果が高いと言われていますが、それは運動によって血行が促進されて代謝が活発になるからです。

ダイエットの面では喜ばしいことなのですが、脱毛後の肌にとっては血行がよくなると炎症が起こりやすくなり、よいことはありません。

施術中に冷却ジェルを塗ったり、施術後に肌を冷やすのはこのためです。

プールに行くと開放的な気分になり、いつも以上にはしゃいでしまう人も多いのではないでしょうか。

施術後は安静に過ごし、肌を温めすぎないようにすることが大切です。

汗も雑菌の繁殖原因になります

プールは水の温度が低いため、どれだけ動いても汗をかくことはない、と思っていませんか?

それは間違いで、水に浸かって動いている間に汗をかいています。

汗をかいたまま放っておくと、肌に雑菌が繁殖して肌トラブルの元になってしまいます。

特に気を付けたい脱毛部位

脱毛と一口に言っても、人それぞれ施術をする部位は異なります。

どの部位であっても、基本的には脱毛サロンや美容クリニックでは「施術後はプールに入らないで下さい」と言われますが、その中でも特に気を付けたい脱毛部位というのが存在します。

全身脱毛

全身脱毛は文字通り、全身を脱毛する契約プランです。(※全身の定義は各脱毛サロンや美容クリニックによって異なり、顔や襟足、デリケートゾーンを含まないところもあります。)

施術の仕方も一度で全部位に光やレーザーをあてる場合もあれば、体を2パーツないし4パーツ程度に分け、ローテーションで施術を行うところもあります。

どちらにしても、全身脱毛の施術ではどこか1部位のみということはなく、体の色々な部分に光やレーザーがあたるわけですから、その部分だけを覆って日焼けを防ぐことはかなり難しくなると言えるでしょう。

施術部位が多いほど肌トラブルも起こりやすくなるため、全身脱毛を行っている人はプールへ入るのは避けた方がよいでしょう。

VIO脱毛

VIO脱毛とはデリケートゾーンの脱毛のことです。特にVラインは水着を着用した時に、脇と同様にムダ毛が気になる部分ではないでしょうか。

そのため、プールでお気に入りの水着を着こなすために、まずはVIO脱毛をしようと思う人も多いと思います。

しかし、VIO部分のムダ毛は他に比べて太く濃いため、施術で受ける肌のダメージも大きく、トラブルが起こりやすいことから、施術後にプールに入ることは危険と言わざるを得ません。

また、VIO部分は日常的に下着による蒸れや擦れが起こりやすいため、施術後は特にしっかりとケアをする必要があるところ。

そのような時に、わざわざプールに行って負担を掛けるようなことは止めた方がよいでしょう。

どうしてもプールに入りたい時は

脱毛サロンや美容クリニックでは、契約の段階で禁止事項を告げ、違反があった場合には以降の施術が受けられなくなったり、キャンセル分については一回分の消化扱いになったりと、ペナルティーがあるところもあります。

それを踏まえた上で、それでもプールに行きたい時や、場合によってはプールに付き添わなければならないケースもありますよね。

そのような時はどうしたらよいのでしょうか。脱毛をしながらプールに行く際の対処法をご紹介します。

日焼け止めをしっかりと塗る

屋内・屋外に限らず当日は日焼け止めを塗り、絶対に日焼けしないようにしましょう。

特に脱毛した部位は念入りに塗るようにして下さい。

また日焼け止めは一度塗って終わりではなく、2~3時間おきにこまめに塗り直すことで効果を発揮します。

ラッシュガードを着る

プールでは肌を露出する水着ではなく、UV加工されたラッシュガードを着用するようにしましょう。

ラッシュガードが用意できなければ、同じくUV加工されたパーカーなどの羽織物を常に身に着けるようにして下さい。

日差しを遮る場所で過ごす

屋外なら直射日光を浴びないところでいるようにしましょう。

パラソルを立てたり、海の家、建物の日陰部分などがお勧めです。

また、屋内だからと言って安心せず、窓際は避け、光の跳ね返りがないところにいるようにしましょう。

できるだけプールには入らない

せっかく遊びに来たのにと思いますが、プールに浸かっている時間が長くなると、雑菌による肌へのリスクが高まります。

プールに入る時はこまめに休憩し、水に長時間浸かることのないようにしましょう。

脱毛している時はずっとプールNGではありません

脱毛は、脱毛部位にもよりますが1~2度行って終わりではなく、長ければ1年~2年というスパンをかけて行うものです。

では、一度脱毛を始めてしまったら、その間ずっとプールには行けないのかと言われたらそうではありません。

脱毛サロンによって多少日数は異なりますが、一般的に脱毛サロンでは脱毛の施術から一週間から10日ほどはプールに行くのを控えて下さいと言われます。

つまり、施術から10日経てば肌への負担もなくなるため、プールに行くのは可能と言うわけです。

施術内容にもよりますが、2~3ヶ月に1度の来店であれば、施術から10日間を避けた日程でプールの予定を立てれば問題ありません。

また、美容クリニックの場合は、施術から2日経過すればプールに入ってもOKとしているところが多いようです。

SHR方式ならプールに入れる?

脱毛サロンは光脱毛を採用していますが、光脱毛の中でもIPL脱毛、SSC脱毛など、使用する機器によって脱毛方法が異なります。

中でも最新の光脱毛器がSHR方式になります。

従来の光脱毛器は、毛のメラニンに反応させて高熱を発し、そのエネルギーで毛根にダメージを与えて脱毛効果を得るものでしたが、それに対しSHRは毛根ではなく毛包に徐々に熱を加える方法のため、肌への負担を大幅に減らすことができます。

また、メラニンに働きかけるわけではないので、それまでの脱毛サロンでは施術不可だった日焼けした肌でも施術を受けることができ、日焼けを避けるためにプールを禁止することもありません。

SHR方式の脱毛サロン〝ストラッシュ〟

ストラッシュはSHR方式を採用している、数少ない脱毛サロンの一つです。

SHR方式はメラニンに働きかけて脱毛を促す方法ではないので、一般的な脱毛サロンで言われる毛周期(毛の生え変わりのサイクル)に関係なく施術を受けることができます。

そのため、通常であれば全身を脱毛するのに3年程度掛かるところ、最短で半年での完了が可能となっています。

また、日焼けした肌に施術可能な他、産毛や金髪などにも光を照射することができるので、他の脱毛機器を利用している脱毛サロンでは施術を断られた場合でも、ストラッシュでは施術が可能となっています。

脱毛後にプールに行った人の体験談

  • 私の認識の甘さが原因なのですが、脱毛の施術中にプールに行って思いっきり日焼けしてしまいました。肌がうっすら黒くなった程度ではなく、皮がむけてしまうくらい・・。それでも施術はその部分を避けてできるかなと思っていたのですが、結局は予約を変更することになりました。
  • 施術後に海水浴に行きました。日焼け止めを一時間ごとにしっかりと塗って対策しましたが日焼けしてしまい、次の予約の時は、医療脱毛だったのですが出力を下げて施術をするハメになりました。出力を下げたせいか効果も薄くなってしまいました。
  • 脱毛後のプールではないのですが、施術当日や翌日は湯船に浸かるのも禁止ですよね。私も本当はシャワーだけにしようと思ったのですが、寒かったこともあり、大丈夫だろうと湯船に浸かりました。そうしたらお風呂から上がった直後から脱毛の施術をした部分が痛くなり、赤く腫れました。お風呂に入るだけでもこんな状態になるのだからプールは絶対避けた方がよいと思いました。

楽しい夏を過ごすために

プールで堂々と肌を見せるために脱毛をしようと思ったのに、脱毛中はプールに行くのがこんなに大変だったなんて・・。

そんな風に思って、脱毛自体を諦めてしまう人もいるかも知れません。

しかし、脱毛するタイミングさえきちんと見極めることができれば、夏にはしっかりとプールを楽しむことができます。

そのためには、脱毛は夏が近付いてくる季節に意識するのではなく、夏が終わった時から考えるようにしましょう。

ムダ毛の脱毛箇所や毛質、毛量によっても変わりますが、一般的に脱毛には5~6回ほど通う必要があり、その頻度は2~3ヶ月に一度程度になります。

単純計算でも約1年は必要となることから、夏に向けて脱毛を始めるならその前の年の秋からがお勧めになります。

秋から冬にかけては日焼け対策もそれほど必死になることもないですし、長袖を着用するため多少肌のコンディションが整っていなくても、人に見られることもありません。

夏にムダ毛を気にせずプールを楽しみたい!という人は、秋から脱毛を行うのがよいでしょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事