MENU

CLOSE

タトゥーがあっても脱毛したい!脱毛サロンの対応やタトゥーと脱毛の関係を説明します。

タトゥーがあっても脱毛したい!脱毛サロンの対応やタトゥーと脱毛の関係を説明します。

1998views

カテゴリ:脱毛できる?できない?

タトゥーがあっても脱毛はできます

一昔前まではどこか怖いイメージがあったタトゥーも、最近の若い世代の間ではファッションアイテムの一つとして取り入られることが多くなりました。

しかし一方で、「タトゥーがあると脱毛はできない」という話を聞いて、これから脱毛を考えていたのに困ってしまったという人もいるのではないでしょうか。

結論を言うと、タトゥーがあると絶対に脱毛ができないわけではありません。

なぜなら、タトゥーの入っていない部分だったり、タトゥー部分とその周囲を避けて施術を行うことが可能だからです。

そのため、すでにタトゥーがある場合でも、タトゥー=脱毛不可と考えずに、まずはカウンセリングに行って肌の状態などをチェックしてもらうのがよいでしょう。

クリニックと脱毛サロンの違い

脱毛をしようと思ったら、クリニックと脱毛サロンのどちらかを選ぶことになりますが、この2つには使用される脱毛マシンに次のような違いがあります。

クリニックはレーザー脱毛

レーザーによる脱毛は、医療機関のみで受けられる施術のため、クリニックの多くはレーザー脱毛を採用しています。

レーザー脱毛では、毛根に照射したレーザーが発生する熱によってメラニンが反応し、毛根を破壊して毛が生えてくるのを抑えます。

照射エネルギーが大きいため、平均して5~6回ほどの通院で高い脱毛効果を得ることができますが、痛みを感じる人が多いと言われています。

脱毛サロンは光脱毛

脱毛サロンで行われる脱毛方法は、光脱毛を用いたもの。

主にIPLやSSCと言った特殊な光(フラッシュ)を脱毛したい箇所にあてることで、熱エネルギーにより毛根のメラニンにダメージを与え、毛が生えるのを抑制する作用があります。

レーザーによる脱毛と作用機序は同じですが、光脱毛の場合、レーザーよりも照射エネルギーが低くなるため、痛みは少ない反面、効果を得るには毛周期に合わせて1~2年ほど通う必要があります。

また、脱毛効果についてもレーザー脱毛よりも劣ると言われているため、場合によっては「脱毛効果を感じられなかった」ということもあり得ます。

脱毛の施術でタトゥーを避ける理由

レーザー脱毛も光脱毛も、タトゥーがある部分は脱毛することはできません。

その理由は、どちらも色素に反応するため、皮膚に比べて色の濃いタトゥーを認識してしまうからです。

本来の目的である毛根(ムダ毛)以外にレーザーや光が照射されると、火傷を起こす恐れがあります。

そのため、レーザー脱毛や光脱毛を行う場合には、シミやほくろなどはテープなどで隠し、その部分は照射できないようになっており、タトゥーもこれらと同じ扱いになるというわけです。

また、レーザーや光があたることで、タトゥーが薄くなってしまうこともあるので、レーザー脱毛や光脱毛ではタトゥー部分を避けて施術を行います。

なお、医療機関であるクリニックは、施術後の肌トラブルに対処可能がことから、比較的タトゥーのギリギリまでレーザーを当ててムダ毛を処理してくれますが、サロンの場合はタ
トゥーから離れたところしか施術できません。

タトゥー部分の脱毛ができるのはニードル脱毛

レーザー脱毛も光脱毛も、タトゥー部分の施術ができませんが、「それでもタトゥー部分を脱毛したい」場合にはニードル脱毛という方法があります。

ニードル脱毛は、毛穴に絶縁体と呼ばれる極細の針を刺し、電気を流して毛根を破壊する脱毛方法です。

毛穴の一つ一つに針を刺すため時間が掛かることや、痛みが強いのが特徴ですが、確実にムダ毛をなくすことができます。

この方法であれば、タトゥーに熱エネルギーが照射されることはないため、タトゥー部分であっても脱毛が可能となっています。

ただし、ニードル脱毛は医療機関か、資格を有しているエステティシャンがいるサロンでしか施術を受けることができません。

また、ニードル脱毛は施術を行う人の技術によって、仕上がりが左右されやすいと言われていることから、場合によっては脱毛効果が感じられにくかったり、火傷や肌荒れなどのトラブルが起こることがあります。

そのため、ニードル脱毛の施術を受ける時には、クリニックやサロンの評判や口コミなどをよく読んで、レベルの高い技術者がいるところを探す必要があります。

なお、現在の脱毛方法の主流がレーザー脱毛及び光脱毛になっていることから、ニードル脱毛を行っているところは限られているので、通える範囲にニードル脱毛可能のクリニック
やサロンがあるかをあらかじめ確認しておくのがよいでしょう。

サロンはタトゥーがあっても入店不可ではありません

脱毛の施術云々の前に、タトゥーがあるとそもそもサロンには入店できないという話を聞くことがあります。

こちらに関しては、脱毛サロンのほとんどはタトゥーがあるという理由で入店不可とはしていないようです。

どのサロンも、タトゥー部分を実際にカウンセリングにて目視し、その周囲を含めて施術が可能かどうかを確認します。

そして、カウンセリングにて施術ができないと判断した場合のみ、施術をお断りしています。

なお、このような噂がある背景には、痩身やフォトフェイシャルなどを行うエステサロンにおいて、タトゥーがある時点で入店を断っているところがあるからです。

タトゥーがファッションの一部として認められてきている現状がある一方で、世代によっては以前と同様に嫌悪を感じる人もいるため、一部のエステサロンではタトゥーがあるとそれを理由に入店不可としている場合があります。

そのため、そちらと混同して脱毛サロンはタトゥー不可と誤った情報が流れている可能性があります。

脱毛サロン別の対応

キレイモ

脱毛は可能ですが、タトゥーのある箇所から10㎝以内は施術を行うことはできません。

銀座カラー

タトゥーの入っている箇所は脱毛をすることができません。

また、周辺についても脱毛をお断りする場合があるため、詳しくはカウンセリングにて相談するように勧めています。

脱毛ラボ

タトゥーとその周辺1㎝は施術を行うことができません。

ストラッシュ

ストラッシュで使用している脱毛マシンは、SHR脱毛と呼ばれるもので、従来の光脱毛マシンのようにメラニンに反応するものではないため、これまで光脱毛ではNGと言われていた金髪や日焼け肌にも対応しています。

ただし、タトゥーには対応しておらず、タトゥーのある箇所の施術を行うことはできません。

ジェイエステ

タトゥーがある箇所は施術不可となっています。

タトゥーがない部分の施術に関しては、カウンセリングにて確認をして下さい。

ミュゼ

タトゥー部分の施術はできません。

タトゥー部分から5㎝以上離れていれば施術は可能となっています。

シースリー

タトゥーが入っている部分は施術を受けることはできません。

TBC

タトゥーが入っている部分は、脱毛をお断りしています。また、その周辺についても脱毛をお断りする場合があります。

タトゥーを避けても料金は変わらない

サロンにて脱毛の施術を受ける場合、一つ注意をしておかなければいけないことがあります。

タトゥーのある部分とその周辺を避けて施術を行ったとしても、脱毛に掛かる費用が値引きされるわけではありません。

そのため、広範囲にタトゥーがある状態で脱毛の施術を受けると、実際には施術範囲は少ないにも関わらず、通常の脱毛に掛かる料金を支払うことになります。
施術可能の範囲はサロンによって異なりますが、タトゥーが数多くある場合や大きい時は、カウンセリングの際に施術範囲や料金を確認し、納得した上で契約をするようにしましょう。

タトゥーと脱毛なら脱毛を先に行うべき

これからタトゥーと脱毛をしようと考えている場合は、先に脱毛から行うのがよいでしょう。

なぜなら、タトゥーを先にしてしまうと、サロンであってもクリニックであってもタトゥーがある部分の脱毛の施術は二-ドル脱毛しか選択肢がなくなるからです。

ニードル脱毛は、痛みを伴う施術の上、料金もレーザー脱毛や光脱毛に比べて高額です。

脱毛効果は最も高いと言われているため、永久脱毛を希望して自ら進んでニードル脱毛を選ぶならまだしも、ニードル脱毛しか他に方法がないという切羽詰まった状態になると、施術にかなりの勇気が必要になると思います。

タトゥーがある人はどうすればいいのか

タトゥーがあって脱毛をしたい場合、タトゥー部分の脱毛を行うにはニードル脱毛しか選択肢がありません。

しかし、ニードル脱毛は料金が高く、全身脱毛で100万円ほど必要になると言われているため、料金の高さに施術を躊躇してしまうこともあると思います。

そのような時は、タトゥーのある部分のみニードル脱毛にして、その他タトゥーの影響の受けない部分は、ニードル脱毛よりも料金が安いレーザー脱毛や光脱毛を利用するという方法もあります。

じっくり考える時間を持ちましょう

脱毛を先に行い、その後にタトゥーを入れるという順番には、実はもう一つのメリットがあります。

タトゥーは近年、若い人達の間でとても気軽に取り入れられるようになりました。

ハリウッドセレブやスポーツ選手などもごく当たり前のようにタトゥーを入れているので、流行に敏感な世代には自然に受け入れられるものだと思います。

しかし、日本においてはまだまだタトゥーに対する偏見が根強くあるのが現状。

温泉や入浴施設、プールなどでは、タトゥーがある人の入場を禁止しているところもありますし、結婚の支障になる可能性も捨てきれません。

そのため、若い時にタトゥーを入れたものの、年を重ねて今度はタトゥーを消したいと思う人も増えています。

このような事情を知らずに興味本位だけでタトゥーを入れてしまうと、後々後悔する事にもなりかねませんが、脱毛を先に行うことで「本当にタトゥーを入れてもよいのか」ゆっくりと考えることができます。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事