MENU

CLOSE

妊娠したら脱毛はダメ?赤ちゃんに影響は?妊娠と脱毛、サロンの取扱いについて

妊娠したら脱毛はダメ?赤ちゃんに影響は?妊娠と脱毛、サロンの取扱いについて

901views

カテゴリ:脱毛できる?できない?

妊娠中は脱毛の施術はできません

妊婦

出産後は育児で忙しくなり、時間の都合がつきにくくなるのが目に見えているから、できれば妊娠中に脱毛したい!という人は多いのではないかと思います。

しかし、妊娠中にサロンへ行っても多くの場合は施術を断られてしまいます。

それは一体なぜなのでしょうか。

万が一のトラブルに対応できないから

サロンは医療機関ではないため、もし脱毛の施術中に具合が悪くなったりしても、それに対処することができません。

妊娠は病気ではありませんが、通常の体の状態とは異なるため、何が起こるかわからないもの。

そのような事態を防ぐために、事前にサロンでは妊娠中の施術を断っています。

脱毛をしても意味がないから

妊娠中はホルモンバランスが変化するため、毛が薄くなったり濃くなったりすることがあります。

そのため、せっかく施術をしても効果を得にくい場合があることから、施術を断っています。

肌トラブルが起こりやすいから

妊娠中は肌の状態も不安定になるため、脱毛によって炎症や肌荒れなどが起こりやすくなると言われています。

また、妊娠中は痛みにも敏感になるので、普段よりも施術時に痛みを感じやすくなると言われています。

脱毛機器で光を照射するたびに痛みによって体が緊張して強張ってしまうと、それがお腹の赤ちゃんにも伝わって苦しい思いをさせてしまうことも。

このような理由から、妊娠中は脱毛の施術を受け付けていないサロンが多いのです。

脱毛に通っている間に妊娠したら、きちんとサロンに報告しましょう

サロンに報告

契約時は妊娠をしていなくても、脱毛に通っている間に妊娠してしまうことも0ではありませんよね。

そのような時はどうしたらよいのでしょうか。

この場合、妊娠がわかった時点で必ずサロンへ報告するようにして下さい。

先述した通り、出産後は自由な時間がなくなってしまうことから、できれば妊娠中に脱毛を終えてしまいたいと思う人も多いと思います。

そのため、妊娠していることを告げずに施術を受け続けようと考える人もいるようですが、サロンとは「妊娠をしていない状態」での契約をしているはずです。

妊娠に限らず、契約時と異なった状態になったら、それはサロンへ報告する義務があります。

妊娠に気づかずに脱毛をしても、赤ちゃんには影響はありません

妊娠しているにも関わらず、故意に施術を受け続けたわけではなく、元々生理不順などで妊娠に気付くのが遅くなってしまったというケースも考えられますよね。

このような時、不安なのは脱毛機器による赤ちゃんへの直接の影響ではないでしょうか。

脱毛機器から発生する光が、赤ちゃんや母胎に影響を与えることはないと言われています。

とは言え、妊娠する可能性がある中で脱毛をしている時は、生理不順だからと放置せずに、妊娠検査薬などを利用してきちんと「妊娠していない」ことを確認する必要があるでしょう。

脱毛自体が赤ちゃんに影響を与えないとは言え、妊娠すると何かと不安に感じてしまうもの。

もしものことがあった時、妊娠に気づかなかった自分を責めてしまうことがないように、普段から自身の体についてはしっかりと把握しておくことが大切です。

サロンごとの対応について

サロン

脱毛の施術を受けている期間中に妊娠がわかった場合、この先の契約をどうしたらよいのか悩んでしまいますよね。

そこでここでは、サロンごとの対応についてまとめてみました。

キレイモ

  • 月額制の場合
    キレイモでは契約を休止することはできません。
    妊娠が発覚した時点で解約をすることになります。
    解約に際して違約金や解約金を支払う必要はありません。
    妊娠を理由に解約した場合、出産後脱毛を再開したいタイミングで連絡をすることで、再契約を行うことができます。
    なお、月額制では施術の有無に関わらず解約しない限りは、料金が引き落としされてしまうため、妊娠がわかったらすぐに連絡するようにしましょう。
  • 回数パックプランの場合
    回数パックプランでは、契約した回数に応じて保証期間が設けられています。
    保証期間内であればいつでも施術を受けられるため、出産後に脱毛を再開してもよいでしょう。
    ただし、最初に申し込んだ回数によっては、脱毛を再開する際に期間が足りなくなってしまうことも考えられます。
    そのような時は、無料で保証期間を延長することができます。
    キレイモのコールセンターに連絡をしてから、店舗にて書類に必要事項を記入することで手続きが可能となります。
    なお、延長の手続きに関しては料金は一切かかりません。

銀座カラー

銀座カラーでは施術中に妊娠がわかった時は、休会の手続きをとった上、出産後にまた施術を再開することができます。

退会をすることも可能ですが、退会の場合は残金の10%を解約手数料として差し引かれてしまうので注意しましょう。

休会では手数料はとらないので、出産後に脱毛を再開するつもりであれば、休会を選ぶのがよいでしょう。

なお、銀座カラーには期間無制限の脱毛し放題コースがありますが、こちらのコースを選んでいる場合、期間無制限なのだから特に連絡などしなくてもよいのでは?と思ってしまいますよね。

しかし、期間無制限のコースでは施術を7回終えた時点で、1年以上施術を受けていないと「現状に満足している」と見なされ、自動的に契約が終了してしまいます。

そのため、最後の脱毛から日数が経ってしまうと残りの回数を行えなくなるので、必ず休会の手続きをとるようにして下さい。

脱毛ラボ

  • 月額制の場合
    妊娠発覚後、休止の手続きをとることもできますが、施術を受けなくても毎月料金が引き落としされてしまうので、解約をするのがよいでしょう。
    解約の手続きは店舗に連絡をした後、書類を記入に来店するだけ。
    解約手数料などは一切かかりません。
  • 回数制の場合
    回数に応じて保証期間があるので、その保証期間内であれば施術を受けることができます。
    また、妊娠であれば元の保証期間にプラスして2年の期間延長が付帯されているので、出産後に施術を再開することが可能となっています。

ジェイエステ

ジェイエステの場合は、妊娠がわかった後に休会と解約の2通りを選択することができます。

休会については、ジェイエステは永久会員制なので、妊娠に限らず一度通うのを止めても、時間をおいて再び通う始めることが可能となっています。

特に連絡をしなくても通わなくなると自動的に休会扱いになるようですが、マナーとして休会の申し出を行うのがよいでしょう。

次に、解約をした場合ですが、解約には残金の10%か上限の2万円のどちらか安い方が適用されます。

なお、ジェイエステの契約では解約の有効期限があり、有効期限を過ぎると解約はできなくなってしまうことから、出産後脱毛に通う気がないのであれば解約をした方がよいでしょう。

ミュゼプラチナム

妊娠発覚後は、解約か休会のどちらかを選びます。

解約の場合、どのコースであっても解約金などは発生しませんが、美容脱毛完了コースでは契約から1年が経過していると、解約時の返戻金がありません。

回数制であれば、残っている回数分が戻ってきます。

また、休会する場合は、回数制であれば最後の施術からどれだけ日数が経過していても再び施術を受けることができますが、美容脱毛完了コースやセットコースでは最後の施術から5年以内と有効期限が設けられています。

シースリー

シースリーは無期限脱毛が可能であることから、妊娠がわかった場合は通うのを休むだけでOKです。

特に手続きなどもいらず、再開の時も通常のように予約を入れるだけで構いません。

なお、解約する方法もありますが、残金の10%ないし2万円の違約金が掛かる他、残りの回数分の計算も不明で、実際には支払った半分も戻ってこないようです。

妊娠中の自己処理は電気シェーバーがお勧め

シェーバー

妊娠中は肌が敏感になっていることもあり、カミソリやワックスなどでの自己処理はお勧めできません。

妊娠中に自己処理をするなら、女性用の電気シェーバーがよいでしょう。

電気シェーバーはカミソリのように肌に直接刃があたることがないため、敏感な肌でも使うことができます。

なお、妊娠中はホルモンのバランスが崩れて毛が濃く感じることもありますが、これは出産後に徐々に元に戻ることが多いと言われています。

そのため、妊娠中は無理に自己処理をして肌を傷付けることのないようにしましょう。

出産後の脱毛もサロンごとで対応が異なります

母・赤ちゃん

  • キレイモ

    授乳が完了していれば、脱毛の施術を受けることができます。

  • 銀座カラー

    出産後、生理が2回以上来たら脱毛の施術を受けることができます。
    その際、授乳中であっても施術OKですが、全ての部位ができるわけではなく、胸や乳輪周り、脇などは施術することはできません。
    こちらは授乳を終えてからの施術となるので注意しましょう。

  • ジェイエステ 

    出産後に生理が来たら、ジェイエステでは脱毛の施術を再開することができます。

  • ミュゼ

    授乳を終えていること、生理が2回以上来ていることが条件となります。
    どちらも満たしていないと、ミュゼでは脱毛の施術を再開することができません。

  • シースリー

    授乳が終わっていて、生理が再開されているとシースリーでは脱毛の施術を再開することができます。

脱毛は出産前にしておくのがよいでしょう

脱毛は出産前

契約中の取り扱いや、出産後の再会の目安についてご紹介しましたが、例え授乳が終わり生理が来て脱毛の施術が可能となっても、赤ちゃんの預け先が見つからない限り脱毛の施術を受けるのは難しいでしょう。

なぜなら、託児所を設けているサロンがないことや、そもそも子連れでの来店をNGとしている場合が多いからです。

そのため、施術の予約日に赤ちゃんを預かってくれる人が確実にいるか、ショッピングモール内に入っているサロンを選んで併設されている託児所を利用するなど、事前の準備が必要となってきます。

このような事態を避けるためにも、できれば脱毛は出産前に終えておくのがよいでしょう。

これから脱毛を考えているという人は、妊娠を希望する前に脱毛を終了させておくとよいですよ。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事