MENU

CLOSE

ニキビがあっても脱毛できる!しかも脱毛でニキビができにくくなるんです。

ニキビがあっても脱毛できる!しかも脱毛でニキビができにくくなるんです。

658views

カテゴリ:脱毛できる?できない?

ニキビがあっても脱毛はできる!

ニキビ

脱毛したい場所にニキビがあると、脱毛できるのか不安になりますよね。

結論から言うと、ニキビがあると必ず脱毛はNGというわけではなく、ニキビの状態によって脱毛が可能か不可能かに分かれます。

中でも、ニキビのできやすい顔と背中は、脱毛できるのかがとても気になります。

では、顔ニキビ、背中ニキビがある場合に脱毛したい時は、どうしたらよいのでしょう

顔ニキビは白ニキビならOK!膿んだ黄色ニキビはダメ

顔ニキビがある場合、それが出来たばかりの白ニキビであれば、脱毛はOKというサロンがほとんどです。

ただし、炎症が起こっている赤ニキビや、炎症がすすんで膿んでしまっている黄ニキビは施術を受けることはできません。

顔は、体の中でも特にニキビができやすい場所なので、脱毛をしたくてもニキビが気になって施術をまよっている人もいますよね。

また、顔のムダ毛は他の部分と比べて薄く細い、いわゆる産毛のため、それほど脱毛を意識していない人も多いかも知れません。

しかし、男性が女性に近付いた時、最も気になるのは顔の産毛だと言われています。

つまり、自分ではそれほどではないと思っていても、異性からはとても注目されていると言うわけです。

このようなことから、最近は脇脱毛に続いて顔の産毛の脱毛に人気が高まっていると言われています。

背中ニキビも脱毛は可能!

背中ニキビの場合、顔ニキビと同様に炎症や膿みがない状態であれば、脱毛を受けることは可能となっています。

ただし、背中ニキビはニキビの中でも大人ニキビと呼ばれる、乾燥や生活習慣が原因となって出来るニキビ。

中学生の頃から増えてくる思春期ニキビと違い、皮脂の分泌量の多さだけが原因ではないので、対処が難しく、悪化させやすいと言われているもの。

また、普段あまり目につかない分、放置されがちで、気付いた時には無数にニキビが増えていることもあります。

あまりにもニキビの数が多いと、サロンによっては施術を断ることもあるので、背中にニキビがある時は注意して下さい.

少量のニキビなら施術OKの場合も

赤ニキビや黄ニキビであっても、その数が数個程度と極めて少ない場合は、ニキビ部分に保護シールを貼って施術を行うサロンもあります。

ニキビ跡は色の濃さで施術OKかNGかが決まる

ニキビではなくニキビを潰した跡(ニキビ跡)がある場合は、その色の濃さによって施術が受けられるかどうか判断されます。

色が濃く、目立つものは残念ながら施術を受けることはできませんが、ニキビ跡が数か所程度であれば、そこだけ保護シールを貼って施術が受けられるケースもあります。

また、ニキビ跡が広範囲にある場合も、施術は受けることはできません。

ニキビを治してから施術を受けるという方法もあります

出来るだけ肌トラブルにならないように、慎重に施術を受けたいという人は、やはりニキビを治してからサロンへ行くのがよいでしょう。

ニキビを治すには、皮膚を清潔な状態に保つのが一番です。

ただし、洗顔のしすぎは肌に必要な皮脂まで奪ってしまい、肌バリアが破壊されてニキビを始めとした肌トラブルを返って起こしやすくなってしまいます。

洗顔の回数ではなく、洗顔時には肌をこすらず、優しく泡で包み込むようにして、汚れを取り除くようにして下さい。

また、適度な睡眠、栄養バランスの摂れた食事を行うことも肌には必要不可欠です。

中でもビタミンCは、炎症を抑える作用や潤いの素となるコラーゲンの生成に関わる成分のため、積極的に摂るのがよいでしょう。

脱毛するとニキビができにくくなる!

顔のニキビ

顔の産毛を定期的に処理している人は、そうではない人よりもニキビができにくいと言われています。

つまり、脱毛は単にムダ毛を取り除くだけではなく、ニキビのような肌トラブルも回避するために一役買うと言うわけです。

では、どうして脱毛をするとニキビができなくなるのでしょうか。

ニキビができる仕組み

人の肌には常在菌と言って、肌の状態を保つ働きを行っているアクネ菌が棲み付いています。

アクネ菌は、通常であれば悪さをしませんが、皮脂の過剰分泌などが原因で溜まった皮脂が酸化したり、不摂生な生活によって新陳代謝が悪化し、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、増殖して毛穴を詰まらせ、炎症や膿みなどの症状を引き起こし、ニキビを作ってしまいます。

脱毛によって皮膚が清潔になる

アクネ菌は嫌気生菌と言って、酸素があると生きられず、皮脂を好む菌です。

そのため、皮膚の表面ではなく毛穴の奥に潜んでいます。

しかし、脱毛によって毛がなくなると、毛穴が引き締まって皮脂が溜まりにくくなるので、おのずとアクネ菌の増殖を防ぐことになるのです。

また、脱毛によってムダ毛がなくなると、そこに汗や汚れが溜まりにくくなり、清潔な状態を保ちやすくなります。

特に背中の場合は、お風呂に入ってもよく洗えない場所ですし、シャンプーやボディーソープなどが残って、それをエサにしてアクネ菌が繁殖しやいと言われています。

背中は、体の中でも皮脂を分泌する皮脂線が多いため、脱毛することで皮脂に汚れや菌が溜まりにくい状態を作ることができます。

光による肌の活性化も期待できる

サロンで使用されている脱毛機器は、光(フラッシュ)によって毛根にダメージを与え、毛を生えにくくするもの。

この時、周辺の皮膚にも熱ダメージが加わることで、真皮層のコラーゲン生成が活発になり、新陳代謝が促進します。

この作用は本来、フォトフェイシャルと呼ばれる美容機器で行われるものですが、脱毛機器によって発生する光でも、似たような効果を得ることができると言われており、ニキビのできにくい肌を作ることができると考えられています。

脱毛後にできるのはニキビではなく「毛嚢炎」かも?

おでこニキビ

脱毛後、数日経過したら白いプツプツとしたニキビのようなものができることがあります。

「ニキビかな?」と思うかも知れませんが、それはニキビではありません。

脱毛後のプツプツは毛嚢炎の可能性が高い

毛嚢炎とは、毛穴の奥の部分で、毛根を包み込んでいる組織である毛包に、ブトウ球菌が感染することで起こる皮膚病の一種です。

一般的には、毛包が傷付いたり、皮膚が湿って不衛生な状態が長く続いた場合などに感染しやすいと言われていますが、脱毛機器による熱エネルギーのダメージが原因で発症することも十分に考えられます。

毛嚢炎の出来始めや、炎症が軽度の場合は白くプツプツとしていて、痛みなどはありませんが、悪化すると赤く腫れたり、痛みを伴うこともあります。

毛嚢炎とニキビの違いとは

肌表面にプツプツができ、それが白いと、ニキビの出来始めだと思い込んでしまう人も多くいますが、前述の通り毛嚢炎はブドウ球菌、ニキビはアクネ菌が原因のため、症状は似ていても、治療法は異なります。

では、毛嚢炎とニキビを見分けるにはどうしたらよいのでしょうか。

毛嚢炎とニキビはこう違う!

  • 毛嚢炎の場合、白いプツプツの周りをよく見てみると、赤く腫れていることがあります。
    ニキビの場合は周りだけが赤くなるということはありません。
  • 毛嚢炎はニキビよりも小さく、一ヶ所に集まっていることが多いです。
    ただしこれも、進行して大きくなるとニキビとは見分けがつかなくなることがあります。

毛嚢炎の治療について

毛嚢炎は、特に治療を行う必要はなく、患部を清潔に保つことで自然に治ります。

ただし、毛嚢炎の数が多い場合や、痛みや腫れなどがある時は病院で適切な治療をうけるようにしましょう。

毛嚢炎の治療では、抗炎症作用のある軟膏の塗布や、抗生物質の服用があります。

症状が軽いほど、完治までの時間も短くなるため、脱毛後にニキビのようなできものができ、悪化する場合は、毛嚢炎を疑って病院へ掛かるのがよいでしょう。

毛嚢炎の予防法

脱毛後の毛嚢炎は、脱毛機器による熱ダメージが主な原因と考えられるため、それ自体を避けることはできませんが、脱毛時や脱毛後に皮膚の状態を健やかに保つことで、症状を悪化させるのを防ぐことができます。

また、脱毛時に体調不良や生理中だと、免疫力が低下して感染症を引き起こしやすいため、できるだけこのような状態を避けて、脱毛の施術を受けることも大切です。

ニキビがあっても脱毛できるサロン「ディオーネ」

脱毛サロン

ニキビができても、時間が経てば治ってしまう場合には、ニキビが治るのを待って脱毛を行うのは可能ですが、常時ニキビに悩まされている人は「結局、脱毛は不可能ってことなの?」と思いますよね。

そのような人から今、注目を集めているのが脱毛専用サロンの“ディオーネ”です。

ディオーネは、ニキビがある人はもちろん、アトピーなどの敏感肌の人も通える脱毛サロンで、他のサロンでは断られてしまった人の駆け込み寺のような存在となっています。

発毛を抑制する特殊な光

ディオーネで使用している脱毛機器は、従来の熱エネルギーによる毛根の破壊ではなく、特殊な光によって発毛を抑制するハイパースキン脱毛を採用しています。

そのため、高熱を皮膚にあてる必要がないので、ニキビを始めとした肌トラブルを抱えている人でも施術が可能となっています。

美肌効果も期待できる

ディオーネで使用しているハイパースキン脱毛には、肌内部のコラーゲンに働きかける美顔効果のある光も3割ほど含まれているため、脱毛だけではなくニキビの治りを促したり、ニキビ跡を薄く目立たなくする効果も期待できると言われています。

通うペースが早いから、短期間での脱毛が可能

通常の脱毛サロンでは、肌の状態を考えて3~4ヶ月に一度というペースで脱毛を行いますが、ディオーネでは3~4週間に一度の割合で通うことができるので、できるだけ早く脱毛を終わらせたいという人にもお勧めです。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事