MENU

CLOSE

家庭用脱毛器と脱毛サロンはどっちがお得?効果や料金を比較しました

家庭用脱毛器と脱毛サロンはどっちがお得?効果や料金を比較しました

329views

カテゴリ:サロン以外の脱毛方法

家庭用脱毛器の仕組みや効果、料金

エステやクリニックでプロの手で脱毛してもらうことが、もはや一般的になりつつある中、同様に需要が増えているのが家庭用脱毛器です。

脱毛サロンが人気となった背景には、店舗の多さや料金の安さがありますが、一方で定期的に通うのが難しいという人や、どれくらい効果があるかよくわからない状態で契約するのに抵抗があるという人も多くいます。

そのような人に選ばれているのが、家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器なら、いつでも自分の好きなタイミングで脱毛を行うことができますし、料金も納得のいく形で購入することができます。

家庭用脱毛器の仕組み

家庭用脱毛器は、照射した光が毛のメラニンに反応して発生する熱エネルギーによって、毛根部にダメージを与えて毛を生えにくくします。

これは、美容クリニックで多く用いられている医療レーザー、脱毛サロンで使用されている光脱毛器と、作用機序自体は同じになります。

なお、家庭用脱毛器は、脱毛サロンにて使用されているIPL(インテンスパルスライト)を利用したものが主流となっていますが、中にはレーザーを使用した家庭用脱毛器も存在します。

家庭用脱毛器の効果

家庭用脱毛器による脱毛効果は、脱毛サロンに比べると劣ると考えておいてよいでしょう。

なぜなら、家庭用脱毛器の場合、安全面を考慮してメーカーが出力を下げているため、その分脱毛効果が出にくかったり、出るまでに時間が掛かる場合が殆どだからです。

とは言え、家庭用脱毛器に脱毛効果がないわけではありません。

正しい使用方法で行えば、家庭用脱毛器でもしっかりと脱毛をすることができます。

家庭用脱毛器の料金

家庭用脱毛器の料金は、4~10万円が相場となっています。

料金に幅があるのは、照射回数や照射口の広さ、脱毛可能部位などがそれぞれ異なるからです。

そのため、家庭用脱毛器を選ぶ時は、料金のみに捉われるのではなく、使用目的や性能などを含め、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

また、家庭用脱毛器にはカートリッジ式になっているものがあり、本体以外にも料金が発生する場合がありますが、カートリッジ式はカートリッジを交換すれば本体を長く使用することができると言うメリットがあります。

一方、カートリッジ式ではない場合は規定の照射回数を使用すると使用不可となります。

安いと思って買ったらカートリッジ交換ができず、結局使い捨てになってしまったと言うことがあるため、購入前には確認しておきましょう。

ただし、家庭用レーザー脱毛器はカートリッジがなくても、継続して使用することができます。

脱毛サロンの仕組みや効果、料金

脱毛サロンは、ここ数年で当たり前となった「プロに脱毛してもらう意識」を定着させた立役者と言っても過言ではありません。

それまで、プロに脱毛してもらうには、高級エステか美容クリニックしかなかったため、敷居が高いと感じられる人からは敬遠されていましたが、脱毛専用として学生でも通えるお手軽な料金設定や、駅から近い立地、店舗数の拡大によって通いやすいイメージを作ったことから、脱毛が一般的に普及したと言われています。

なお、今現在で永久的な脱毛効果があるとされているのは、美容クリニックで使用されているニードル脱毛のみです。

照射レベルの高い医療レーザー脱毛であっても、永久とは言えないのが現状ですが、それは医療レーザーに長い歴史がないからであって、決して脱毛効果がないからではありません。

そしてそれは、脱毛サロンで行われている光脱毛も同様と考えられています。

※永久脱毛の定義は施術から1ヶ月経過後に20%以下の毛の再生率を示すもので、毛が全く生えてこないという意味ではありません。

脱毛サロンの仕組み

脱毛サロンで使用されている光脱毛器には、IPLの他にS.S.CやSHRなど複数の種類があります。

これらの違いは、発生する光の波長や、施術時に使用するジェルなどであって、基本的にはレーザーよりも出力が弱い光を使用することに変わりはありません。

なお、SHRの場合、毛根部ではなく毛包と呼ばれる部分に熱を発生させることで、毛が再生する力を弱めて毛を生えにくくします。

脱毛サロンの効果

IPLやS.S.Cなどの光脱毛器は、医療レーザーを使用する美容クリニックに比べると脱毛効果を感じるまでに時間や回数が掛かると言われています。

しかし、施術はプロが行うため、家庭用脱毛器でセルフケアをするよりも、高い脱毛効果を得られることは間違いないでしょう。

それは、家庭用脱毛器に比べて光脱毛器の出力が高いだけではなく、脱毛は毛周期と呼ばれる毛の生え変わりに合わせて行う必要があるので、プロによって適切な施術のタイミングを掴みやすいこともあるでしょう。

脱毛サロンの料金

脱毛サロンの料金は、脱毛したい部位によって変わります。

一般的な相場になりますが、一部分を脱毛するのに5~6万円、全身脱毛であれば15~20万円程度となっています。

なお、脱毛サロンでは、初めて脱毛サロンで脱毛する人限定で、お得なキャンペーンを行っていることがよくあります。

その場合、人気の部位(主に脇)の施術が数100円で受けられることもあります。

脱毛サロンでの脱毛を考えている人は、このようなキャンペーンを上手に利用してみるのがよいでしょう。

家庭用脱毛器のメリットやデメリット

家庭用脱毛器のメリット

  1. 家庭用脱毛器の最大のメリットは、自分の好きな時に脱毛ができることにあります。
    また、近くに脱毛サロンがない場合や、通うのに時間が掛かる人にとっても、カミソリや毛抜きを使った自己処理よりも、ずっと肌に優しく脱毛を行うことができます。
  2. 脱毛サロンに通うのに抵抗がある人の中には、毛深いことを知られるのが嫌だったり、自分の体型に自信がない場合も多くあります。
    しかし、家庭用脱毛器なら人に見られることなく脱毛を行うことができます。
  3. 家庭用脱毛器は高くても10万円程度なので、複数の部位を脱毛するなら脱毛サロンよりも料金が安く済みます。
    また、自分以外の家族とも共有できるので、脱毛したい人が多いほど、さらにお得感が増します。
    なお、いくら家族とは言え脱毛器を共有するのはちょっと・・という場合は、照射ヘッドの付け替えができる機種を選ぶと、自分専用のカートリッジで脱毛できるため、衛生面でも不安も払拭することができます。

家庭用脱毛器のデメリット

  1. 脱毛サロンの光脱毛に比べて出力が低いため、効果が現れるまで時間が掛かってしまいます。
    そのため、限られた時間の中でしっかりと脱毛効果を得たいという人には、家庭用脱毛器は不向きと言えるでしょう。
  2. 家庭用脱毛器は出力が低いからと言って、適当な使い方をしてしまうと、脱毛効果が得られないだけではなく、火傷などを起こしてしまう恐れがあります。
    また、使用する前の皮膚の冷却や使用後の保湿なども、しっかりと行う必要があります。
    家庭用脱毛器の使用におけるトラブルは、全て自己責任となるので注意が必要です。

脱毛サロンのメリットやデメリット

脱毛サロンのメリット

  1. 専門知識を持った脱毛のプロが施術してくれるので、より高い脱毛効果を得ることができます。
    また、施術前後の肌のケアやアドバイスなどもしてくれるので、単にムダ毛をなくすだけではなく美肌作りにも役立ちます。
  2. 背中やVIOラインなど、自分では手の届かない部位もしっかりと脱毛することができます。
  3. 脇を始めとして、部分脱毛なら脱毛サロンの方が格安でできることがあります。

脱毛サロンのデメリット

  1. 人気の脱毛サロンの場合、予約を取りにくいことがデメリットとしてよく上げられます。
    脱毛を始めたら、できるだけ早く終えたいと思うものですが、次の予約が3ヶ月以上先ということもあり、そうなるとなかなか脱毛が進まずにイライラしてしまうこともあります。
  2. 脱毛サロンで脱毛するには、毎回予約を取ってそのスケジュール通りに動く必要がありますが、急な体調不良や仕事などでドタキャンしてしまう可能性も0ではありません。
    その場合、キャンセル料が掛かったり、1回分消化してしまうこともあります。

タイプ別の選び方

家庭用脱毛器、脱毛サロンそれぞれのメリットやデメリットを踏まえた上で、脱毛する時はどちらを選んだらよいかをご紹介したいと思います。

脇だけなら断然脱毛サロンがお勧め!

脇は各脱毛サロンで破格のキャンペーンを行っていることが多いので、脇のみの脱毛を考えている人は脱毛サロンのキャンペーンをチェックしてみましょう。

もしキャンペーンをやっていないとしても、15,000~20,000円程度と家庭用脱毛器を購入するよりも安い料金で行うことができます。

足や腕など一部分の脱毛なら家庭用脱毛器が便利です

一部分の目に見える範囲のみ脱毛を考えている人なら、繰り返し使用することができる家庭用脱毛器を持っていると便利です。

脱毛サロンに通う手間が省ける上、納得がいくまで何度も使うことができます。

IラインやOラインの脱毛がしたいなら脱毛サロンがよいでしょう

家庭用脱毛器は、脱毛可能部位として外陰部、いわゆるIラインやOラインを除いている機種が殆ど
です。

そのため、これらの部位を家庭用脱毛器で脱毛しようと思っても、効果が得ることができません。

IラインやOラインの脱毛を考えている人は、最初から脱毛サロンを選ぶとよいでしょう。

特定の部位を除いた全身脱毛なら家庭用脱毛器がお得

上記で記載した通り、家庭用脱毛器ではIラインOラインの脱毛ができない場合が殆どですし、背中など手の届かないところは脱毛できないものの、それ以外の部位を気長に脱毛したいというのであれば、家庭用脱毛器がお勧めです。

全身くまなく脱毛したいなら脱毛サロン

IラインOラインを含めたデリケートゾーンや、背中、うなじなどもしっかり脱毛したいという人は、料金は高くなりますが脱毛サロンがお勧めです。

家庭用脱毛器では脱毛できない部位もしっかりと脱毛ができますし、時間や期間も短く済みます。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事