MENU

CLOSE

脱毛の時期はいつがいい?始める時期や脱毛期間、ブライダル脱毛の時期などについて

脱毛の時期はいつがいい?始める時期や脱毛期間、ブライダル脱毛の時期などについて

404views

カテゴリ:脱毛の悩み・疑問

脱毛を始めるなら秋冬がお勧め

夏が近づくと、服がどんどんと薄着になり、肌の露出も増えてきます。

ノースリーブは二の腕や脇、ミニスカートは足が露わになるため、ムダ毛の処理は念入りにしたいもの。

また、海やプールに行けば、Vラインのムダ毛も気になりますよね。

このように夏は、ムダ毛を意識する機会がとても多い季節と言えます。

当然のことながら、「毎日自己処理するのは面倒だから、この際プロにお任せしちゃおう」と、脱毛サロンや美容クリニックでの脱毛を検討する人が増えてくるのもこのタイミングが多いと言えるでしょう。

しかし、脱毛を始めるなら断然に秋冬がお勧めなのですが、夏が終わって薄着から再び厚着に変わると、ムダ毛の処理にそれほど時間を掛けなくなるためか、「来年の春までに考えよう・・」と脱毛のことは一旦横に置いてしまう人が多いよう。

そこでここでは、脱毛を始めるのはなぜ秋冬がよいのか、その詳しい理由についてご紹介したいと思います。

脱毛は秋冬から始めるのがよい理由

脱毛は終了までに時間が必要

一般的に脱毛の施術は一度で終了することはなく、数回程度、場合によっては年単位で脱毛サロンや美容クリニックに通う必要があります。

これには、毛周期と呼ばれる毛が生え変わるサイクルが関係しています。

毛には、今現在生えている毛(成長期)と、もうすぐ自然と抜け落ちる毛(退行期)、皮膚の中に留まってこれから生える毛(休止期)があり、どの毛も休止期→成長期→退行期を辿ります。

脱毛サロンや美容クリニックで使用されている脱毛機器は、成長期の毛のメラニンに反応させるため(休止期や退行期はメラニンの色素が薄く、脱毛機器の光やレーザーが反応しない)、一度の施術では全てのムダ毛を処理することができないため、毛周期に合わせて2~3ヶ月ごとに施術を行う必要があるのです。

つまり、夏に肌を堂々と見せたいと思ったら、春や夏に脱毛を始めても遅いということ。

夏に間に合わせるには、秋冬から脱毛を始めるのがベストタイミングになります。

予約が取りやすい

世間的には、脱毛=夏のイメージが定着していることから、夏が近づいてくると脱毛を始める人が増えるため、当然ながら予約が取りにくい状況に陥りやすくなります。

脱毛サロンや美容クリニックの利用者の中には、この時期の予約の取れなさに困り果てる人も少なくありません。

せっかく脱毛を決意したのに、肝心の施術の予約が取れないとなると、モチベーションも下がってしまいますよね。

しかし、秋冬になると脱毛への意識が薄れる人が多くなるからか、予約はグンと取りやすくなります。

料金が安い

春から夏にかけて、脱毛サロンや美容クリニックでは、コマーシャルや広告を流して新規客の獲得に向けて動き出します。

そのため、脱毛するなら夏がお得と思い込んでしまう人も多いようですが、夏が近づくにつれ、脱毛サロンや美容クリニックには黙っていても人がやってくるため、実はそれほどお値打ち価格で施術が受けられるわけでもないのです。

むしろ、秋冬は売り上げのピーク時期を過ぎるため、どの脱毛サロンや美容クリニックもお客さんを呼び込むために、価格勝負のキャンペーンを行うことが多くなります。

「脱毛をしてみたいけれど、どんな感じなのか不安が大きい」「効果がどれくらいあるのか心配」という人は、秋冬の安い料金設定で試してみるのがお勧めです。

紫外線が少ない

夏の脱毛で最も困るのが、紫外線対策です。

脱毛サロンや美容クリニックで使用している脱毛機器は、毛のメラニンに反応するため、施術前に紫外線を浴びて肌が焼けてしまうと、施術の時に肌にも光やレーザーが反応して火傷をするリスクが高まってしまいます。

また、施術後の肌も日焼けが厳禁となっています。

これは、施術によってダメージを受けた肌に、さらに紫外線がダメージを与えてしまうからです。

人によっては赤みや炎症、水ぶくれなどが出来たり、色素沈着を起こしてシミの原因となってしまいます。

そのため、紫外線が強い夏の時期に脱毛の施術を受ける場合は、UVカットの長袖を着る、日傘を差すなどの紫外線対策を万全に行う必要があるのです。

しかし、秋冬になると紫外線の量が減り、10月中旬にはピーク時の1/4ほどになります。

季節的にも長袖や厚着が必須となり、気温の高い最中に長袖を着こむ必要もないため、脱毛に対するストレスも軽減されます。

自己処理の回数を減らすことができる

夏は施術を受けながらも、外出のたびに自己処理をする必要があり、肌への負担が大きくなりがちです。

しかし、秋冬は服で肌を隠すことができるので、多少ムダ毛が伸びていても、さほど気にならなくなり、自己処理の回数を抑えることができます。

自己処理によって肌が傷つくのが減ると、肌の状態が安定しやすいので、脱毛の効果も出やすくなります。

秋冬の脱毛で注意すること

秋冬から始める脱毛はメリットだらけのようにも思えますが、いくつか注意しておくことがありますのでご紹介したいと思います。

保湿は念入りに行う

秋から冬にかけては空気が乾燥し、肌の潤いが低下しやすくなります。

肌が乾燥すると脱毛効果が得られにくくなるだけではなく、施術後にトラブルの原因となることもあるため、脱毛サロンや美容クリニックによっては施術NGとなる場合もあります。

予約は取りやすいのに、肌の状態が悪くて施術を受けられないのはもったいないですよね。

そのため、秋冬の時期は保湿を常に意識し、肌の潤いを逃さないようにすることが大切になります。

外出時は日焼け止めを使用

秋冬は夏よりも大幅に紫外線の量が減りますが、だからと言ってまったくないわけではありません。

脱毛の施術ではとにかく日焼けをしてはいけないため、外出する時は季節に関係なく、日焼け止めを使用するようにしましょう。

この季節で特に注意したいのが雪山です。

雪が太陽の光を反射するため、日焼けの対策をせずに過ごしていると、夏以上に肌が焼けてしまうことがあります。

体はウエアーに覆われているものの、首や顔など剥き出しになる部分は必ず日焼け止めを使うようにしましょう。

体を締め付ける服装は避ける

寒くなるとタイツやスキニーなど体に密着する服装や、ブーツを履く機会も多くなりますよね。

しかし、脱毛後の肌は、服の繊維などが擦れると炎症を起こしやすくなるため、施術から一週間ほどはなるべく体を締め付けない服装を心掛けるようにしましょう。

冬の施術は寒さがつらいことも

脱毛の施術では、冷却ジェルを塗ったり、保冷剤を使用して肌を冷やします。

寒い時期に肌を出すだけでもつらいのに、さらに体が冷えやすくなるため冬の施術は避けたいと思う人もいるようです。

しかし、脱毛機器によっては冷却ジェルを使わなかったり、施術用のベッドにヒーターを内蔵して寒さ対策を行っているところも多いもの。

どうしても寒さが気になるという人は、事前にカウンセリングで尋ねてみるのがよいでしょう。

ブライダル脱毛を始めるタイミング

結婚することが決まったら、結婚式までに少しでも綺麗になりたいと思うのは当たり前のこと。

特にウエディングドレスは脇や二の腕、背中などのムダ毛が目立ちやすいデザインが多いため、「これを機に自己処理は止めて脱毛に通いたい」と思う人も多いですよね。

しかし、ブライダル脱毛にはある程度の期間が必要となるため、早めに準備にとりかかる必要があります。

結婚式まで1年以上期間があるなら

結婚式の予定が1年以上先で、なおかつ料金を少しでも抑えて脱毛したい人には、脱毛サロンがお勧めです。

脱毛サロンで使用する脱毛機器は光脱毛と呼ばれるもので、後述しているレーザー脱毛器に比べて出力が弱いため、痛みが少ないのが特徴となっています。

結婚式が1年後に予定されているなら

結婚式まで1年を切っているという人は、脱毛サロンの光脱毛では回数が足りず、思うような効果が得られない可能性があります。

そのような場合は、美容クリニックで受けられるレーザー脱毛がよいでしょう。

レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が高く、一回の施術で得られる脱毛効果が大きいため、少ない回数でもムダ毛を減らすことができます。

個人差もありますが、3~4回目でムダ毛がなくなったと感じる人が多いようです。

結婚式まで1ヶ月なら

結婚式まで1ヶ月となると、脱毛サロンや美容クリニックで施術を受けても、脱毛効果が得られる前に結婚式になってしまいます。

それでもムダ毛を綺麗にしたいという場合は、ブラジリアンワックスがよいでしょう。

ブラジリアンワックスは、毛根からムダ毛を引き抜くため、古い角質がとれて肌がツルツルになるなどのメリットもある反面、ニキビや炎症などの肌トラブルも起こりやすいもの。

そのため、ブライダル脱毛を行っているブラジリアンワックスのお店では、1ヶ月前に来店してもらい、まずはトラブルが起こりやすい背中で試してみて、大丈夫であれば結婚式の4~5日ほど前に再度気になる部分の脱毛を行っています。

結婚式まで一週間しかないなら

脱毛ではなく、シェービングにてムダ毛を処理します。

プロが行うブライダルシェービングには次の2種類があります。

  • 本格シェービング
    カミソリの刃を直接肌に当てるため、理容師しか行うことのできない処理方法です。
    古い角質を取り除き、肌もワントーン明るくなります。
    しかし、肌荒れしやすい人だと赤みが出る恐れもあることから、結婚式ギリギリではなく、一週間程度前に行うのがよいでしょう。
  • ソフトシェービング
    電気シェーバーを使って、エステティシャンが行うブライダルシェービングです。
    肌荒れの心配がほとんどないので、式の直前でも行うことができますが、エステサロンによっては結婚式前日の施術は断られることもあるため、事前に問い合わせておくとよいでしょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事