MENU

CLOSE

不妊治療中でも脱毛できるのか?不妊治療と脱毛の関係を解説します。

不妊治療中でも脱毛できるのか?不妊治療と脱毛の関係を解説します。

1213views

カテゴリ:脱毛できる?できない?

不妊治療中だけど、妊娠したときのために今から脱毛したいとお悩みではないですか?

不妊治療をしていると様々なことが「不妊の原因になるかな」と不安になってしまいます。また、脱毛でトラブルが起きないかという心配もあります。

ボーボー脱毛編集部編集部ボー
そこで今回は、不妊治療と脱毛の関係について、実際に不妊治療をしているユコさんが詳しく解説してくれます。

不妊治療とは?どんなことを行うの?

不妊治療と脱毛の関係を理解するには、不妊治療でどのようなことを行うのか知ることが大切です。不妊治療は想像以上に色々な辛い処置が待ち受けています。

1. 不妊治療は状況が変化しやすい

不妊治療はスピード勝負です。2年の間に結果を出すことが大切だと言われているんですよ。

そのため、不妊治療はステップアップ方式で進んでいきます。

最初はタイミング法から始まり、人工受精、体外受精、顕微受精の順で進んでいきますが、その中で重大な原因が見つかれば、一気に体外受精に進むこともあります。

不妊治療は状況で治療が変わってくるため、それが脱毛にも影響してくるのです。

2. 不妊治療では様々なホルモン剤や漢方が使われる

脱毛と一番関係が深いのが、不妊治療で使うホルモン剤です。

不妊治療では、排卵を促したり、黄体ホルモンを補充するためにhCGなどの薬が使われます。また、妊娠できる体を作るために、漢方をもらうこともあります。

最初は処方される薬も少ないでしょう。

しかし、治療が進むにつれて薬の投与も多くなり、自分でも様々な漢方やサプリメントを求めるようになります。

ですので、今飲んでいる薬だけで脱毛をするかどうか判断しない方が賢明なのです。

3. 不妊治療は原因不明の体調不良に襲われやすい

不妊治療を始めたばかりの頃は、私もまだ元気でした。

しかし、治療が進むにつれて、様々な体調不良に襲われるようになりました。

私の場合は、明らかにホルモン剤の影響で体調が悪くなりましたが、先生は体調不良を訴えても、気のせいだと言って対処してくれません。

ストレスでうつになり、家から出られなくなった知人もいます。

不妊治療中に脱毛をする場合は、今は元気でも体調不良になりやすいことを知っておかなければなりません。

4. 不妊治療は痛い治療や検査が多く心身を消耗する

不妊治療では、卵管造影検査など痛い検査があります。

また、治療でも痛みを伴うことも少なくありません。痛い治療と検査が続くことで、心身を消耗し、脱毛に影響してしまうこともあるのです。

不妊治療を受けていても脱毛できるの?

不妊治療中の脱毛は、基本的には難しいでしょう。

脱毛サロンのほとんどは、通院中や薬を服用中の方への施術を断っています。

また、妊娠が発覚すると施術は受けられません。

ただし、契約のときにしっかり話し合いをして、脱毛に影響が出ないことを説明できれば、施術してくれるサロンもあるようです。

中には、不妊治療中の旨を伝えずに脱毛してもらっている方もいますが、これは非常に危険なので止めましょう。

不妊治療中の脱毛は色々とトラブルを起こしやすくなります。トラブルが起きてから後悔しては遅いのです。

どうして施術が難しいの?脱毛と不妊治療の関係

それでは、不妊治療中に脱毛の施術を受けるのが難しい理由について詳しく見ていきましょう。

1. 病気じゃないのにどうして脱毛できないことがあるのか?

不妊は病気ではありません。しかし、不妊治療は病気と同じくらい苦しい治療が待っています。

また、検査を行うことで、私のように様々な病気が見つかることもあります。

その場合、手術が必要になることだってあり、その場合はもちろん脱毛どころではありません。

病気ではないから、大したことないという考えはまず捨てましょう。

不妊の治療では、前述したように漢方やホルモン剤が使用されます。漢方やホルモン剤も立派な薬であり、体には様々な副作用や変調をもたらします。

この影響が脱毛にも出る可能性があるため、施術を断られてしまうのです。

2. 脱毛は不妊を悪化させるの?

脱毛をすることで不妊を悪化させないかと心配になっている方もいるでしょう。しかし、脱毛が不妊に及ぼす影響は心配しなくても大丈夫です。

不妊治療中に注意が必要なのは、ホルモンや自律神経の乱れ、ストレスです。脱毛がストレスにならない限り、脱毛によってホルモンや自律神経が乱れてしまうという心配はないでしょう。

ただし、妊娠中と同じように不妊治療中も体調が急に悪化することがあります。脱毛の施術の影響で、体調が悪化する可能性もあるので、そのことは頭に入れておいてください。

3. 不妊治療は肌トラブルを起こしやすくなる?!

逆に注意が必要なのは、不妊治療による肌トラブルです。不妊治療中では、ホルモン剤の影響によってホルモンバランスが乱れたり、大きく変動することがあります。

実は、女性ホルモンは皮脂の分泌や水分量に大きな影響を与えます。

そのため、不妊治療でホルモンバランスが変わると、皮脂が多くなったり、乾燥しやすくなったりして、脱毛したときにトラブルを起こしやすくなってしまうんです。

4. 不妊治療が進むと脱毛がストレスにもなり得る?!

不妊治療が進むと、クリニックに行く回数が多くなります。すると、脱毛に行くスケジュールを立てるのが難しくなります。

不妊治療のせいで脱毛に行く時間がなくなることもあるのです。

脱毛のお金を払ったのに、行けないとなると、ストレスになりますよね。そのストレスが不妊に悪い影響を与えてしまうこともあります。

また、不妊治療を続けていると、人に会うのが辛くなる時期が出てきます。そんなときに、脱毛に行かなくてはならなくなると、精神的にも追い詰められてしまいます。

最後に

私は、不妊治療中の脱毛はおすすめしません。

不妊治療中はホルモンの変化で肌トラブルを起こしやすい上、脱毛サロンを契約した後で、ステップアップしたり手術や検査が必要になると、手一杯の状態になります。

すると、ストレスがかかって不妊にもよくありません。

妊娠することを第一に考えるのであれば、不妊治療中の脱毛はあまりおすすめできないのです。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事