MENU

CLOSE

鼻毛の脱毛はどうすればよい?楽で安全な方法をご紹介します

鼻毛の脱毛はどうすればよい?楽で安全な方法をご紹介します

685views

カテゴリ:脱毛する場所・部位について

はみ出した鼻毛は恋も信頼も失わせる

デートの前や会社に行く時など、髪やメイクはぬかりなくチェックするのに、以外と忘れがちなのが鼻毛の確認ではないでしょうか。

どれだけオシャレに決めても、シワ一つないスーツに身を包んでも、鼻毛が出ていると一瞬で全てが台無しになってしまいます。

鼻毛を見られたのが異性なら、そこから恋に発展するのは難しくなるでしょう。

相手が取引先の人であれば、「自己管理がなっていない人」だと思われたり、不潔な印象を与えてしまうかも知れません。

あるアンケートによると、働く男性の57.6%の人が「仕事中の相手の身だしなみで鼻毛が気になったことがある」と答えています。

なお、鼻毛は男性ホルモンの影響を受けやすいと言われていることから、当然ながら男性は濃く太くなりがち。

一方女性の場合は、男性に比べて鼻毛の量が少なく一本一本が細いため、鼻毛がごっそりと飛び出してしまう、という事態はあまりないものの、それゆえについ見落としてしまいがちな部分とも言えます。

しかし、自分が思っている以上に、鼻毛の有無は相手に見られているのがアンケート結果からも伺えることから、色々と失う前に鼻毛が出ているか、毎日鏡を見て確認する習慣を身に着けることが大切です。

鼻毛を処理する時に気を付けたいこと

鼻毛を処理することは、もはや当たり前のエチケットと言えるでしょう。

しかし、いくら鼻毛が邪魔な存在だからと言って、がさつに取り扱ってしまうと思わぬ害をこうむることがあります。

そのため、鼻毛を処理する時には様々なことに注意を払う必要があります。

では、鼻毛を処理する場合、どのようなことに気を付けるとよいのでしょうか。

粘膜を傷付けないようにする

鼻を中心とした顔の中央には、脳に血液を送るための血管が多く流れているため、鼻の粘膜を傷付けてしまうとそこから雑菌などが入り込み、頭痛や発熱などの症状が現れたり、最悪の場合、菌が脳にまで入り脳炎などを引き起こす恐れがあると言われています。

奥まで処理しない

鼻毛が極端に少なくなってしまうと、ウイルスなどが簡単に侵入し感染症に罹りやすくなってしまいます。

また、鼻毛がなくなると鼻の中の湿度が低くなり、乾燥が進んでドライノーズを起こしたり、湿度を保とうとして粘膜から分泌液が出るので、鼻水が出やすくなることもあります。

このようなことから、鼻毛を処理する時は鼻の穴にごく近い部分のみにし、鼻毛を根こそぎ取り除いてしまうのは止めましょう。

脱毛サロンでは鼻毛は脱毛できません

今や体のムダ毛の処理は、カミソリなどでの自己処理ではなく、脱毛サロンを始めとしたプロにお任せするのが主流になりつつあります。

一昔前までは、脱毛はごく一部の人が行うものと捉えられていましたが、脱毛を専門に行う脱毛サロンが普及したおかげで、比較的安価で確かな効果を得ることができるようになっています。

では、鼻毛はどうなのでしょうか。

残念ながら鼻毛は脱毛サロンでは処理をすることができません。

なぜなら、脱毛サロンで使用されている光脱毛器は、鼻毛を処理することを想定して作られておらず、鼻に機械が入らないからです。

また、脱毛サロンで鼻毛の処理を行わないのは、他に次のような理由があります。

鼻の内部はトラブルが起こりやすい

鼻の内部は粘膜に覆われており、脱毛器が発生する光が照射されてしまうと、炎症や火傷などのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

また、脱毛サロンは医療機関ではないため、万が一トラブルが起こった時もその場で素即座に対応することができないことから、お客様の安全を考慮して施術不可となっています。

医療脱毛なら一部のクリニックで鼻毛脱毛が受けられます

美容クリニックなど医療機関で使用されているのは、主にレーザー脱毛器となっています。

レーザー脱毛器は、脱毛サロンで使用されている光脱毛器に比べて、ヘッドの部分が小さいことや、鼻毛用に使える小さいヘッドもあるため、施術を行っているクリニックもあります。

なお、施術を受けることはできますが、脱毛サロンと同様に鼻毛脱毛は鼻の粘膜を傷付ける恐れがあり、腫れや炎症などが起こる可能性は0ではありません。

施術を受ける場合には、リスクも含めてよく検討するようにしましょう。

施術の費用はどれくらい?

レーザー脱毛は光脱毛に比べて出力を高く設定することができるため、通う回数は比較的少なくて済みます。

毛量や毛質などによっても異なりますが、クリニックでの鼻毛脱毛の場合、平均して5~6回通い、料金は20,000~30,000円程度になるようです。

鼻毛の自己処理で絶対NGなのは毛抜き

毛抜きによる鼻毛の処理は、毛根ごと鼻毛を引っ張ることになるため、粘膜部分も引っ張られて傷付いたり、鼻毛が抜けた毛穴部分に細菌が繁殖して化膿するなど、トラブルがとても起こりやすくなります。

鼻毛ごと抜き取った方が、次の処理までの時間が長く保てるので行っている人も多い方法ですが、リスクの方が高くなるのでお勧めできません。

また、毛抜きではなく指で抜いているから大丈夫という人がいますが、人の指先や爪には目に見えない雑菌が数多く生息しており、鼻の粘膜に付着すると炎症や化膿の原因になることがあります。

手軽に使えるのは鼻毛切りバサミ

手軽に鼻毛を自己処理したい場合は、鼻毛切りバサミを利用するのがよいでしょう。

この時、必ず鼻毛専用のハサミを使って下さい。

通常の紙などを切るハサミでは、大き過ぎて鼻の中に入りませんし、仮に入ったとしても鼻の中を傷付ける恐れがあります。

また、鼻毛切りバサミと同程度の大きさの眉毛切りバサミもありますが、こちらは眉を整えるのが目的のため、先が尖っているので鼻の中に入れるのは危険です。

なお、鼻毛切りバサミは小さい上に先が丸くなっているのが特徴になります。

鼻毛切りバサミの使い方

  1. 鼻をかみます。鼻水の有無に関わらず、鼻毛を切る前にまずは鼻をかんで下さい。
  2. 鼻をかむと息が鼻から吐き出されるため、鼻毛が入口に向いています。鏡を見ながら、まずは目立つ部分をカットしていきましょう。
  3. 2~3を1~2回ほど繰り返し、最後は鼻の穴の円に沿って鼻毛を整えて終了です。

ブラジリアンワックスによる鼻毛処理が流行中

ブラジリアンワックスとは、本来ビキニラインのムダ毛を処理するための方法なのですが、これを鼻毛の処理に利用したキットが今、人気となっています。

キットなので、人知れず自宅で鼻毛の処理を行えるのがメリットと言えるでしょう。

使用方法は、電子レンジでワックスを溶かし、専用の棒に絡めた後、それを鼻の穴に挿入します。

そのままワックスが固まるまで待ったら、棒を引っ張って一気に抜き取ることで、ワックスに付着した鼻毛が毛穴から抜けて処理が終了します。

個人差はありますが、痛みはほとんどなく、気持ちよく鼻毛が抜けるのです。

ただし、鼻毛が再び生えてくるため、定期的にお手入れを続ける必要があります。

なお、ワックス脱毛を行っているエステサロンでも、同様の鼻毛脱毛が受けられるところもあります。

鼻毛カッターもオススメ

鼻毛カッターとは、自動的に鼻毛をカットしてくれるアイテムです。

以前までは男性用しか販売されていませんでしたが、最近は女性用も売られていて使用する人が増えています。

女性用の場合、万が一誰かに見られても、一見するとそれが鼻毛カッターだとわからないようなかわいい形状としているので、持ち歩いて気軽に使うことも可能となっています。

使用方法はとても簡単で、電源を入れて鼻の穴に差し込むだけ。

刃が鼻の粘膜に触れない仕組みとなっている他、鼻の入口付近の鼻毛のみの処理となるため、粘膜を傷付けてトラブルが起こったり、鼻毛が全部なくなってウイルスや埃が侵入しやすくなることもありません。

また、1,000~3,000円程度の価格で、繰り返し使えるのも魅力と言えます。

では、鼻毛切りカッターを選ぶ場合には、どのようなポイントに注意するのがよいのでしょか。

刃の切れ味がよいものを選びましょう

鼻毛カッターを選ぶ時には、刃の切れ味が最も大事になります。

なぜなら、刃が切れにくいものだと鼻毛が絡まって引っ張られ、痛い思いをしやすくなるからです。

とは言え、こればっかりは使ってみないとその切れ味がわからないのが現実。

できるだけ質のよいものを選ぶためには、購入レビューや口コミなどをしっかりと見て、評価の高い製品を見つけることが大切になります。

手入れが楽なものを選びましょう

使ったままの刃は雑菌などが付着しており不衛生です。

次に使う時はその雑菌を鼻の粘膜に近付けてしまうことになるため、鼻毛カッターは使用後に水洗いなど手入れができるものがよいでしょう。

また、水洗いと言っても本体ごと水に流れるものもあれば、本体から刃を外して洗う必要のあるものもあるため、使う頻度が多い場合は手入れのしやすさも考慮して製品を選ぶのがよいでしょう。

吸引式がお勧め

鼻毛カッターの中には、カットしたそばから鼻毛を吸い取ってくれ、まとめて捨てることができるタイプがあります。

このような吸引式のタイプは、自宅以外でも鼻毛の手入れをしたい時にとても便利です。

男女で兼用しない

鼻毛カッターを使用している人の中には、夫婦で同じもの(主に男性用)を使用している場合もあるようですが、男性用と女性用は形状やパワーに違いがあるため、特に女性が男性用を使う時には注意が必要になります。

できれば、それぞれに適したものを持っておくのがよいでしょう。

鼻毛が伸びないようにするのも大切

鼻毛は、外からの埃やウイルスなどの侵入を防ぐために存在するため、空気が汚れていたり埃が多いと、その分成長して伸びやすくなります。

最近、鼻毛が伸びるのが早くなったと感じたなら、それはもしかしたらお部屋の掃除を怠っているのが原因かも知れません。

埃などを取り払うのはもちろんのこと、窓を開けて換気をしたり、空気清浄機を使ってお部屋の空気を綺麗にしておくことも鼻毛の処理回数を減らすのに役立ちます。

そもそも鼻毛の役割は何?

恋や仕事の邪魔になりかねず、厄介者の扱いを受けがちな鼻毛。

しかし、髪の毛には衝突した時の頭の衝撃を防いだり、紫外線から頭皮を守ると言った大事な役割があり、眉毛には額から落ちた汗や雨などの水分やゴミなどが目に入らないように守る働きがあるように、鼻毛にもその存在理由がちゃんとあるのです。

埃やウイルスなどの侵入を防ぐ

私達が生きるためには呼吸をする必要がありますが、空気には酸素の他に埃やウイルスなど、体に害を及ぼすものも多く含まれています。

鼻から空気を吸った際にもし鼻毛がなければ、空気はそのまま気管を通り、肺へと届いてしまうことになります。

口呼吸をする人が風邪を引きやすいと言われているのは、このような理由も関係しています。

つまり鼻毛はフィルターのような役目をして、埃やウイルスなどが体内へ侵入するのを防いでくれているのです。

湿度や温度を調整する

鼻毛には鼻の粘膜部分の湿度や、吸い込んだ空気の温度を調整する働きがあります。

湿度が低く粘膜部分が乾燥してしまうと、鼻の中に入り込んだ埃やウイルスが付着しやすくなってしまいます。

また、外の冷たい空気がダイレクトに肺に届くと、肺がダメージを受けて機能を低下させてしまう恐れがありますが、空気が鼻毛に触れることによって温度を上げ、肺へのダメージを避けることができます。

これは熱い空気を吸い込んだ時も同じで、鼻毛が空気を冷まし、肺を守っています。

匂いを分別する

食事をした時「これは美味しい」「これはイマイチ・・」などのように好みを感じるのは、舌による味覚の働きだけではありません。

よく、鼻腔をくすぐる香りなどと表現されるように、鼻も料理を味わうためにはとても重要な役割を果たしています。

ではなぜ、鼻は匂いを感じることができるのでしょうか。

鼻の中には、嗅粘膜と言う嗅覚部があり、ここが匂いを察知して脳に信号が送られます。

この時、粘膜から細かく生えている嗅毛(きゅうもう)と呼ばれる毛が、匂いの分子をキャッチしています。

つまり、味覚は舌だけではなく鼻も深く関係しているということになります。

まとめ

鼻毛の脱毛についてまとめてきました。

鼻毛は自分では気づきにくいものですので、定期的にお手入れすることを忘れないようにしましょう!

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事