MENU

CLOSE

デブでも脱毛は恥ずかしくない!太めやポッチャリこそ脱毛しましょう!

デブでも脱毛は恥ずかしくない!太めやポッチャリこそ脱毛しましょう!

1333views

カテゴリ:脱毛できる?できない?

太っている人は迷惑なお客様ではありません

脱毛に通う人には、美意識が高いイメージがありますよね。

メイクにしても服装にしても常に怠らず、そして体型もしっかりと管理をしていて、同性から見ても羨ましいと思うようなスタイルを維持している人が多い、そんな人が通うところが脱毛サロンと思っている人も多いのではないでしょうか。

そのため「太っている自分が行ってもよい場所なのだろうか・・」と、今現在悩んでいる人もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、脱毛サロン側からすると、一人一人の体型を気にすることはありません。

なぜなら、脱毛サロンのスタッフは日々、施術でいかに脱毛効果を高めるか、お客様に満足してもらえるかを第一に考えているからです。

また、太っていること自体が施術に何かしらの影響を与えることもありませんので、「脱毛したいなら、まずは痩せてから来て下さい」なんて言われることもありません。

仮に、電話やカウンセリングで、太っていることを馬鹿にするような態度をとるスタッフがいとしたら、それはあなたが悪いのではなく、そのスタッフが接客のプロとして失格なのです。

太っている人こそ脱毛するメリットが多い

脱毛サロンでは、太っていることを理由に施術を断られたり、笑われたりすることはなさそうだとわかっても、自分自身が体型に強い劣等感を持っていると、綺麗になることに躊躇いが生じて、なかなか一歩が踏み出せないものだったりしますよね。

しかし、太っている人こそ実は脱毛を受けた方がよいってご存知ですか?

ここでは、その理由を詳しくご紹介したいと思います。

きちんとムダ毛を処理できる

太っていると、どうしても体の可動域が狭くなってしまうため、ムダ毛の自己処理をしたくても、手が届かなかったり、お腹のお肉が邪魔をして、脱毛するのを断念している場合もあるのではないでしょうか。

また、お肉に隠れて見えにくい場所も多くなるので、処理の残りがあったりして、後から恥ずかしい思いをしてしまった・・なんてことも。

しかし、脱毛サロンで脱毛すれば、このような煩わしさや失敗がなくなります。

ムダ毛は自分でも思いもよらないところに生えていたりしますが、そこはしっかりとプロが見つけて綺麗に処理してくれるので安心です。

清潔感がアップする

太っている人にとって、一番の悩みは汗をかきやすいことではないでしょうか。

ちょっと動いただけで汗をかいてしまうと、人の視線が気になってしまうものですが、その理由には汗=不潔というイメージが世間一般的に定着していることも関係していますよね。

では、汗をだらだらかいて、なおかつムダ毛もボーボーの人と、汗はかいているもののムダ毛のない人なら、どちらの方がより清潔に感じるでしょうか。

断然後者の方が清潔に感じますよね。

汗は体質もあるので、そう簡単に解消することは難しいですが、ムダ毛は自分の意思によって解消することが可能です。

毛穴や肌が綺麗になる

脱毛は、毛をなくすだけがメリットではありません。

カミソリや毛抜きなど、毛穴や皮膚に負担の多い自己処理は回数を重ねるごとに皮膚を傷つけ、肌荒れや色素沈着の原因となってしまいます。

しかし、脱毛サロンで施術を受けるようになると、自己処理の回数が減るため、施術を続けるうちに肌が回復し、つるつる、すべすべになっていきます。

自分の体に自信が持てるところが増えるのは、とても嬉しいですよね。

脂肪があると痛みが軽減する

脂肪が少ない部分は、脱毛器から照射される光の熱エネルギーによって、骨への刺激が強くなりやすく、痛みが強く出る傾向にあると言われています。

脂肪の少ない指やうなじ、VIOライン、膝下などが痛いと言われているのはこのためです。

これとは逆で、脂肪が多いと骨への刺激が弱まり、痛みを感じにくくなると言われています。

ただし、痛みの感じ方には個人差があるため、太っている人が必ず痛みを感じないというわけではありません。

脱毛すると痩せる?

これは、脱毛の施術自体に痩身効果があるわけではなく、脱毛をしてムダ毛のない綺麗な肌を手に入れることで、「もっと綺麗になりたい」と言う気持ちが強くなる、と言うのが正しい理由です。

すべすべの肌を人に見せたいと思ったら、必然的に肌を露出する服装(ノースリーブやミニスカート)をしたくなりますが、そのためには痩せる必要が出てきます。

これまで、太るとわかっていながら変えることができなかった食生活も、脱毛を機に低カロリーでヘルシーな食材を選ぶようになったり、運動を始めたりなど、自らダイエットの努力を始める人が増えると言われています。

太っている人は料金が割り増しされるという話は嘘

太っていると、その分施術する面積が増えるため、通常よりも料金が高くなったり、体重に応じて料金が増えるという話が出回っているようですが、これは間違いです。

この理屈で言うと、逆に背の低い人や痩せている人は面積が狭いため、料金を安く設定する必要が出てきますが、脱毛サロンでは身長や体型に関係なく、コースや部位によって料金が決まっています。

太っていることが理由で、料金が高くなるということはないので安心して下さい。

脂肪が邪魔して脱毛効果が薄れるということもありません

皮膚に光を当てて脱毛効果を得る脱毛サロンの脱毛方法では、脂肪が多いと光を遮ってしまい、脱毛効果が薄くなるという話もよく聞きます。

しかし、脂肪があるのは、皮膚表面の表皮とその下の真皮のさらに下にある皮下組織部分です。

脱毛器が照射する光は、真皮の毛根部と表皮から生えている毛のメラニンにダメージを与えるため、その下に脂肪があっても脱毛効果には何の関係もありません。

痩身エステを勧められることがある?

脱毛以外にも様々な美容のコースがある総合エステに通っている場合は、営業の一環として勧められることもあるかも知れません。

しかしそれは、太っているからというよりも、売り上げを上げるための一種のセールストークだと考えてよいでしょう。

よほど痩せている人ではない限り、誰に対しても同じことを言っているので気にする必要はありません。

もし、そのような勧誘を受けたくないという場合は、脱毛専門のサロンを選ぶのがよいでしょう。

施術着や下着のサイズが合わなかったらどうしよう・・

脱毛サロンの多くは、体型を問わず施術が受けられるように、フリーサイズのものを用意しています。

また、ガウンや施術着に伸縮性がある素材を使っているのも、安心できるポイントではないでしょうか。

なお、VIOラインの施術では、専用の下着に替える必要がありますが、その場合もウエスト部分にゴムが入っているなど、太めの人でも使用できるようにあらかじめ大きめに作られています。

もしそれでもサイズが合わなければ、下着なしで施術を受けることになります。

「そんなの恥ずかしい!」と思うかも知れませんが、脱毛サロンによっては最初から下着なしというところもあるので、気にすることはありません。

重度肥満の人は施術が受けられない場合も

脱毛サロンやエステでは、お客様のすぐ傍に立って施術を行う必要があるため、通常のベッドよりも幅の狭いものを使用しています。

そのため、太り過ぎていて体がベッドに乗りきらない場合は、施術をお断りさせていただくことがあります。

施術の時は体を動かすことが多いため、ベッドに対して体がはみ出ていると転落などの思わぬ事故が発生する可能性があり危険です。

自分が該当するかどうかが心配な人は、事前に脱毛サロンに問い合わせてみるとよいでしょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事