MENU

CLOSE

介護脱毛を考えていますか?その必要性と介護士からの意見を教えます!

介護脱毛を考えていますか?その必要性と介護士からの意見を教えます!

1923views

カテゴリ:脱毛の年齢

介護脱毛とは

介護脱毛とは、介護される側になる前に、アンダーヘアーを永久脱毛することを言います。

これまで、脱毛サロンやエステで永久脱毛を受けるのは、若い世代に限られていることと思われていましたが、この介護脱毛という言葉が認知されるようになった近年では、40~50代の脱毛希望者が増えていると言われています。

なぜ今、40代以降の脱毛が増えているのか?

その背景にあるのが、そう遠くない未来に訪れるであろう介護の問題です。

40~50代になると、自分の親を介護することも珍しくなくなりますが、その際に排泄介助の現状を目の当たりにすることになります。

排泄介助とは、自力での排泄が困難な人に対して、トイレへの誘導や、排泄の手伝い、おむつの交換などを行うことを言います。

排泄介助では、単に動作の介助を行うだけではなく、デリケートゾーンを明るい中で目視する必要性が出てきます。

これは、万が一汚れの拭き残しなどがあると、蒸れやすいおむつの中で菌が繁殖して、かゆみや炎症を引き起こす原因となるからなのですが、そのような介護の真の現場を知ることで、いざ自分が介護される側になった時に少しでも、介護する側の手を煩わせないようにしたいという思いから、脱毛を意識し始めると言います。

外国では夫婦間のエチケット

日本ではまだ馴染みの薄いデリケートゾーンの脱毛ですが、欧米やオーストラリアなどの海外では、むしろ男女間の当然のエチケットとして認識されています。

日本の場合、脱毛は自分のおしゃれや価値観のために行うものという見方をする人が大半ですが、海外ではパートナーのためという人が殆ど。

それは、先にご紹介した介護脱毛にも通じることで、将来に介護の見越したお互いへの思いやりでもあると言います。

なお、海外ではデリケートゾーンの脱毛は女性に限ったことではなく、男性も同様に行うことが多くなっています。

また、海外の人にとってデリケートゾーンのムダ毛はないものとして捉えている部分も強いことから、日本人女性と深い関係になった時にムダ毛を見てショックを受けるケースもあるようです。

外国人男性とのお付き合いの可能性がある人は、その点も注意した方がよいでしょう。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛とは、デリケートゾーンに行う脱毛のことを言います。

Vは股の内側にあたる部分、Iは性器周り、Oはお尻の穴の周りを指し、これらを全て合わせてVIOラインと言います。

切れ込みの深い下着や水着を着た時、アンダーヘアーがはみ出してしまうのを防ぐため、Vラインの脱毛を行う人は比較的多いと思いますが、そのさらに奥であるIラインやOラインは自己処理を含めて、殆ど手つかずという人が多いと思います。

では、VIO脱毛をすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

自己処理が楽になる

自分ではなかなか処理できないIラインやOラインを含め、VIO脱毛をすることで自己処理の回数が減り、煩わしさがなくなります。

また、カミソリや毛抜きで処理をすると、炎症による赤みや皮膚の黒ずみなどが目立ち、場合によっては恥ずかしく感じることもありますが、サロンやエステによる脱毛ならそのような悩みも解消できます。

生理の時のにおいが軽減される

生理中、ナプキンを替えようとしてトイレに行くと、においが気になることはありませんか。

これは、アンダーヘアーに経血が付着したり、ナプキンとの密着による蒸れによって起こるため、脱毛することでにおいが気にならなくなります。

下着や水着を自由に選べる

VIO脱毛によってデリケートゾーンのムダ毛がなくなると、切れ込みの激しい大胆な下着や水着も、アンダーヘアーの存在を気にすることなく選ぶことができます。

介護における脱毛のメリット

赤ちゃんを育てたことのある人ならよくわかると思いますが、ムダ毛のない赤ちゃんであっても、おむつの中は蒸れて湿度の高い状態になります。

これが、ムダ毛が生えていればなおのこと蒸れやすくなり、かぶれやすくなってしまいます。

寝たきりなどの介護状態であるだけでもつらいのに、おむつかぶれを起こしてかゆみや不快感がプラスされるのは避けたいですよね。

排泄介助をスムーズにする

デリケートゾーンにムダ毛があると、おむつ交換の時にムダ毛に付着した汚れを取り除く必要があり、その分お世話に掛かる長くなってしまいます。

そうすると、介護する側も手間となりますが、介護される側も本来であれば人前に晒したくない部分を見せる時間が長くなってしまいますよね。

脱毛によってムダ毛がなくなると、お世話に掛かる時間が大幅に短縮され、恥ずかしさを軽減することができます。

感染症を防ぐ

デリケートゾーンのムダ毛に汚れが付着したままだったり、蒸れによる被れが起こると、感染症を始めとした病気に掛かるリスクが高くなってしまいます。

高齢者の場合、免疫力や抵抗力が落ちているため、感染経路となる部位はできるだけ清潔に保つことも大切になります。

介護士から見た脱毛の必要性

精神的なストレスの軽減

介護士経験のある人や、現在介護士として働いている人は、排泄介助も仕事の一つですし、毎日行っていることのため、それ自体については特に何も考えていない場合が多いです。

しかし、介護される側、特に女性の場合は、「汚いことをさせてしまっている」という申し訳なさを感じる人が多く、排泄介助のたびにごめんなさいと謝る人も少なくありません。

つまり、仕事だから当然といくら介護士の側が思っても、される側にとっては精神的なストレスが大きいのが排泄介助になります。

そのため、介護脱毛によってムダ毛を処理することで、少しでも介護する側の手が楽になるようにと考えることは、実際にお世話に掛かる時間を短縮できるというメリットだけではなく、介護される側の精神的なストレスを軽減することに役立つと考えられます。

病気の早期発見

ムダ毛がなくなることで、デリケートゾーンの皮膚の状態が目視しやすくなり、病気の早期発見に繋がることがあります。

白髪になる前にやるべき理由

介護のための脱毛であれば、40~50代ではなくもう少し年齢が高くなってからでもよいのでは?と思う人もいるかも知れません。

しかし、サロンやエステで行われる脱毛は、光脱毛(フラッシュ脱毛)と呼ばれるもので、黒い色に反応する光によって熱を与え、毛根を破壊してメラニンの生成を抑えて毛の再生力を弱らせます。

このような仕組み上、白髪には反応しづらく、白髪があると脱毛を断られてしまうこともあるのです。

つまり、脱毛を行う年齢に制限はないと言いつつも、実際には白髪が生えるまでという制限があると考えてよいでしょう。

なお、髪に白髪がないからと言って安心はできません。

なぜなら、髪には白髪がなくてもアンダーヘアーには白髪が生えている場合もあるからです。

特にIラインOラインは自分で確認しづらい部位ですから、気付かないうちに白髪が生えていたということは十分に考えられます。

そのため、そうなる前の40~50代のうちに脱毛を考える人が増えているのです。

白髪があっても脱毛はできます

では、白髪があるとデリケートゾーンの脱毛は一切できないのかと言われたら、そうではありません。

サロンやエステで受けられる光脱毛は、前述の通り白髪では施術を受けることはできませんが、クリニックで受けられるニードル脱毛であれば、白髪であっても脱毛が可能となっています。

なぜなら、ニードル脱毛は毛の一本一本の毛根に直接針を差し込み、電流を流して毛乳頭と呼ばれる部分を破壊するため、ムダ毛の色が何色であっても関係ないからです。

このようなことから、介護脱毛を受けたいと思っても白髪があるからと言って諦める必要はありません。

施術時に恥ずかしくないのか

VIO脱毛の必要性を感じ、施術を受けてみようと思っても、やはりデリケートな部分を他人に見られるという恥ずかしさがどうしても残ります。

しかし、施術する側からすると、それが仕事という大前提がありますし、他人になかなか見せない部分だからこそ、信用してもらっているという責任感や、「綺麗になって喜んでもらいたい」という思いが強くなると言います。

そのため、こんなところまで処理させて申し訳ないなんて思う必要はありません。

また、施術中もサロンやエステでは、施術される人ができるだけストレスを感じないような配慮がなされています。

施術中は下半身は何も身に着けていないの?

VIO脱毛の場合、サロンやエステで用意している専用の下着(紙パンツ)に穿き替え、さらにタオルなどを巻いた状態で施術を受けます。

そして、施術の時は光(フラッシュ)を照射する部位だけをその都度露出させるため、その他の部分が丸見えになることはありません。

なお、サロンやエステによっては専用の下着がなく、自前のTバックや紙パンツの用意を言われることもありますので、必ず事前に確認しておくのがよいでしょう。

施術時の体勢は?

Vライン及びIラインの時は、仰向けに寝た状態で行います。

施術の様子は体を起こさない限りよくわからないため、思ったほど緊張感はないでしょう。

Oラインだけうつ伏せ、もしくは四つん這いになって行います。

四つん這いの体勢に抵抗がある場合は、事前のカウンセリングにて、うつ伏せで施術を受けられるか確認しておきましょう。

リラックスを促す気遣いも

施術中は、スタッフの人が会話をして緊張を解すように気を遣ってくれたり、音楽が流れていたり、部屋を薄暗くしたりと配慮がされています。

また、サロンによってはアイマスクを用意してくれている場合もあるようなので、視界に施術の様子が見えるとどうしても緊張してしまうという人は、カウンセリングでアイマスクの使用がよいか確認してみるのがよいでしょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事