MENU

CLOSE

脱毛してるけどピアスを開けても平気?ピアスと脱毛の関係や影響を教えます!

脱毛してるけどピアスを開けても平気?ピアスと脱毛の関係や影響を教えます!

4542views

カテゴリ:脱毛できる?できない?

ピアスを開けていても脱毛はできる!

耳だけではなく、最近は体のあらゆるパーツにピアスをすることは、ごく当たり前にファッションの一部として取り入れられていますよね。

ピアスを開けてオシャレ度がアップすると、今度はムダ毛が気になってくるもの。

せっかくかわいいピアスをしているのだから、肌だってツルツルにしたい!と思うのは自然な流れとも言えるでしょう。

何より、ピアスを開ける人というのは綺麗になることに敏感のため、脱毛にも興味がある場合も多いはず。

そのため、最近はピアスがあると脱毛できないのでは?と心配になっている人も多いようです。

サロンやクリニックでの脱毛では、ピアスを開けていても施術を受けることができます。

ただし、ピアスホールは傷痕と見なされるため、その部分の脱毛は行えません。

ピアスホールが小さかったり、脱毛をしたい部位に直接関係がなければ特に問題はありませんが、ピアスの数が多い時やピアスホールが大きい場合によっては希望する部位の脱毛が行えないこともあります。

脱毛をする時にはピアスは外します

ピアスを開けていること自体は、脱毛の施術において問題はありませんが、施術中はピアスを外すように言われます。

これは、サロンで行われている脱毛方法がカメラのフラッシュのような光を用いたものであり、ピアスを装着したまま施術を行うと、その部分に熱が集まって火傷などの原因になる可能性があるからです。

また、例えば「膝下の脱毛の施術でも、耳にしているピアスを外す必要があるの?」と思うかも知れませんが、施術時の光を遮るためにゴーグルやタオルを顔に被せることがあるので、ピアスに引っ掛ってしまうことが考えられます。

このようなことから、脱毛の施術を受ける時にはピアスを始め、アクセサリーや金属類は外しておくようにサロンから言われます。

なお、ボディピアスの中には、自分で外すことができないものもありますが、その扱いについては事前にカウンセリングで確認しておくようにしましょう。

サロンによってはシールなどでカバーをしてくれる場合があります。

脱毛をしながらピアスを開けるのは止めましょう

ピアスは貫通させたらそれで終わりではなく、ピアスを外してもピアスホールが塞がらなくなるまで、しっかりとケアを行う必要があります。

そのため、ピアスホールが出来上がるまでは、基本的にピアスを外すことはできません。

脱毛に通っている最中にピアスを開けてしまうと、施術の時にピアスを外すことができなくなってしまうので、施術が受けられなくなる可能性があります。

また、完成されていないピアスホールは傷と見なされてしまうため、サロンによっては施術不可となる場合もあります。

さらに、脱毛によって肌が敏感になっている状態でピアスを開けると、皮膚が炎症を起こしやすくなり、ピアスホールの完成まで長く時間が掛かったり、肌トラブルを招く原因になってしまいます。

このようなことから、脱毛の施術を受けながらピアスを開けるのは止めましょう。

ただし、ピアスを開ける箇所と施術する箇所が全く異なる場合は、サロンによっては施術を受けながらピアスを開けてもOKとするケースもあります。

時間の都合がつかず、どうしても脱毛とピアスを開ける期間が重複するという時は、事前にサロンのカウンセリングで確認しておきましょう。

ピアスホールが完成してから脱毛をする

初めにピアスを開けて、それから脱毛をしたいという場合は、ピアスホールが完成して肌の状態が元に戻ってから脱毛の施術を受けるのがよいでしょう。

ただし、ピアスホールが完成するまでの期間には個人差があります。

下記の確認をして、どれもクリアしている場合はピアスホールは完成していると思われますので、まずは確認をしてみましょう。

ピアスホール完成の目安

  • ピアスを外しても穴から体液や血液が出ていない
  • ピアスを付けている時に痛みを感じない
  • ピアスを回したり動かしても痛みを感じない
  • 化膿していない
  • ピアスを外すとピアスホールが凹んでいる

ピアスを開ける時に装着するファーストピアスは、ピアスホールを作るために軸が大きくなっています。

ピアスを開けたばかりの時は、肉がピアスの軸に触れている状態ですが、そこから徐々に肉が収縮し、皮が張ることで傷口が塞がってピアスホールが完成します。

この状態になるには、少なくとも1ヶ月はピアスを外さないようにしなくてはいけません。

なお、ピアスホールが完成したと思ってピアスを外し、数時間経って再びピアスを入れようと思ったら、穴が塞がってしまっていたという話も珍しくありません。

また、穴が出来上がっているかを確認するために、ピアスを外したり付けたりするのを繰り返していると、雑菌が入って炎症や化膿が起こることがあるので注意しましょう。

最もよい方法は脱毛してからピアスを開ける

脱毛とピアスの両方を行いたい場合は、先に脱毛を終わらせてからピアスを開けるのが一番よい方法と言えます。

ただし、この場合も脱毛を終えた直後は肌トラブルが起こる心配があるため、少し時間を置いてからピアスを開けるようにしましょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事