MENU

CLOSE

予約が取れないときに解約できる?予約のポイントと解約について

予約が取れないときに解約できる?予約のポイントと解約について

1142views

カテゴリ:脱毛の悩み・疑問

予約が取れないときにどうする?

ツルスベ肌を目指して契約したのに予約が取れないというのは、脱毛サロンではよくあることです。

各サロンともに予約状況は改善されていますが、いまだに「なかなか予約が取れない。」「月額料金の支払いだけで予約が取れなかった。」という話もよく聞きます。

店舗数が少ないことや会員数が多いこと季節的なことも関係がありますが、せっかく契約したのに予約が取れないなんてイヤですよね。

ボーボー脱毛編集部編集部ボー
今回は、予約が取れない時の対応、仮に解約をすることになった際のサロンの対応、についてまとめましたので、是非ご参考にして下さい。

予約を取りやすくするための4つのポイント

予約のポイント

1. キャンセル待ちの予約は必ず入れる

サロンごとに対応の違いはありますが、希望日に空きがなかった場合にはキャンセル待ちの予約をすることができます。

スタッフさんに希望する日時を伝えておけばキャンセルが出た際に連絡をくれるので、希望日の予約がいっぱいだった際にも「あっ、そうですか。」とすぐに諦めてしまわずに、キャンセル待ちの予約を入れて帰りましょう!

サロンから連絡が来た際に、仮に都合がつかなくなっていた場合は断ることもできます。罰金などのペナルティがかかることはないので安心して利用することができるサービスです。

2. 他の店舗の空き状況も確認する

基本的に店舗移動が可能です。1つの店舗が予約でいっぱいでも他の店舗でお手入れを受けることができます。

他の店舗で空いていないか複数の店舗の状況を確認しましょう。他店での施術する場合に手数料がかかるサロンもあるので、注意しましょう。現在では多くのサロンで手数料は無料です。

他の店舗で予約を取った後に、第1希望のサロンからキャンセル待ちの連絡が来た場合は、第1希望のサロンに予約を入れることができます。

その時は、初めに予約を入れたサロンへのキャンセルの電話をすることは忘れないでおきましょう。効率よく脱毛卒業へ向かうには、複数の店舗の掛け持ちができる状態にしておくことが大事です。

3. 希望の予約日時の幅は大きくしておく

この日の何時にとピンポイントでの希望になってしまうと、夏などの混み合う時期に予約を取るのは難しくなります。

なので、予約を入れる際やキャンセル待ちをする時には、複数の希望日時を出した方が予約を確保できる確率が上がります。予約の候補日は幅広くスタッフさんに伝えておきましょう。

4. 数ヶ月先の予約まで取っておく

サロンごとにどのくらい先までの予約が取ることができるのかは変わってくるのですが、次回の予約だけではなく2回目、3回目など先の予約も取っておくことができるサロンもあります。

融通をきかせてくれる場合もあるので、確実に行ける日時が決まって入るのであれば先に予約日の確保をしておくといいでしょう!ハイスピードで脱毛完了まで迎えることができます。

予約の取り方のまとめ

年間の中でも5月〜9月にかけては予約数がピークに達するので、お客さん同士での争奪戦が始まります!
空き状況をスムーズに把握し予約の確保をするためにも、上記であげた内容を実践してみて下さい。

予約の取れないサロンの特徴

混雑の風景

そもそも予約の取りづらいサロンとはどういったサロンになるのか、あらかじめ知っておくのもいいと思います。

  • 大きなターミナル駅付近にあるサロン
  • 会員数が多い大手チェーン店
  • 店舗数は少ないけど会員の人気を集めているサロン

ビッグターミナル駅は利便性が良いので多くの会員が集まり、予約が混雑しがちです。マイナーな駅と比べると予約の状況はかなり違います。

大手のサロンは、以前はかなり予約状況が悪かったのですが、混雑する店舗には施術する部屋数を増やしたらい、広い場所に移転したりとかなり改善されています。大きな駅だと複数の店舗を開設しているのですが、やはり駅い近い店舗から順番に埋まっていきます。

また、店舗数と会員の割合が合っていないところもあり、夏場は特に希望する日時で予約を取ることは難しくなります。

大手の脱毛サロンでなくても、人気のあるサロンでは予約が難しい状況が出てきています。例えば、新しい脱毛方式で人気を集めているストラッシュは、かなり人気があり7月、8月には終日満席となることは珍しくないようです。

効率のよい通い方

夏はどこのサロンも予約ラッシュが続き争奪戦になるので、いかに効率よくサロンに通えるかが脱毛卒業までの近道になります!効率よくしかも安く脱毛するためには以下の方法があります。

効率よく通う脱毛するための2つの方法

  • 脱毛サロンを乗り換える
  • サロンを掛け持ちする

脱毛サロンを乗り換える

脱毛サロンののりかえ

現在、脱毛サロンでは季節ごとにキャンペーンも行なっていますが、同時に“乗り換え割”というお得な特典も用意されています。

各サロンごとに特典の内容は変わって来ますので、自分が乗り換えを考えているサロンがどのようなキャンペーンを行なっているのかも確認して上手に乗り換えることで、とってもお得に脱毛の契約を結ぶことができます!

脱毛サロン 乗り換えプラン
銀座カラー 他サロンから銀座カラーに乗り換えをすることで、全身脱毛が最大2万円の割引になります。解約したサロンの会員証の提示が必要になります。
キレイモ パックプランへの乗り換えで最大5万円の割引で契約が可能です。他店での契約書類や会員証の提示が必要になります。
ストラッシュ 他サロンからの乗り換えで、最大6万円の割引があります。友達紹介で割引きになるキャンペーンも行っています。
シースリー 他のサロンでワキの脱毛をしている人は「のりかえ得」で1万円の割引になります。

乗り換え割はサロンごとに内容が異なり、また季節ごとにも変わっていきますので、自分が乗り換えを考える段階でどのような“乗り換え割”や“キャンペーン”を行なっているのか、友達紹介などとの併用もできるのか?なども考慮して、選ぶのもお得な乗り換えのコツです!

乗り換え割はこちらで詳しく記載しています。
乗り換え割はお得?注意点や乗り換え割がお得な脱毛サロンをご紹介!

サロンを掛け持ちする

脱毛サロンの掛け持ち

全身脱毛の場合は掛け持ちをするのは費用が高くなるため、なかなか難しいのですが、全身脱毛と部分脱毛をうまく組み合わせることで、一つのサロンで脱毛するよりも安く、早く脱毛を進めていくことができます。

全身脱毛と部分脱毛の掛け持ち

例えば、部分脱毛でミュゼかジェイエステで契約をします。ミュゼやジェイエステなら通常はキャンペーンをやっていますので、脇やVラインなら通い放題で500円程度の金額ですみます。

契約した状態でキレイモで全身脱毛の契約をします。キレイモでは他のサロンの契約をしてから契約することで乗り換え割が適用されますので、プランにもよりますが、12回以上のプランだと2万5千円から5万円も割引があるのです。

キレイモで予約が取りづらくても、ミュゼやジェイエステでは脇やVラインだけでも脱毛を進めていけますので、金額安く、スピードも早くなりますので、とてもオススメの方法です。

部分脱毛どおしの掛け持ち

部分脱毛の掛け持ちという方法もあります。ミュゼやジェイエステは安いキャンペーンのものがあるといいましたが、これ自体の予約がなかなか取れないことがあります。

ミュゼとジェイエステの両方で契約しておけば、どちらか一方が予約を取れなくても、もう一方で予約が取れる可能性があります。

どちらも500円程度の金額ですから、両方で契約してもたいした金額ではありません。

また、キャンペーンの部位だけでなく、他の脱毛場所をサロンを変えるという方法もあります。例えば、ミュゼでは顔より下のパーツしか脱毛プランがないので、ミュゼと他のサロンで顔脱毛のみの契約をして進めて行くことも可能です。

パーツ脱毛のメリットは、全身脱毛にかかるほどの時間を取らないので、少しの空き時間で予約を取れることです。2社だけではなく、3社に分散すればさらにお手入れ時間は減るので予約を入れやすくなるでしょう。

ただし、分散してしまうと脱毛の進行に差が出てしまうことや通うサロンが多くて手間…。というちょっとめんどくさい部分も出て来ます。

メリットもあればデメリットも出てくるので、自分にとってどの方法が一番あっているのか、重要視する点はどこなのかなど、一度考えてみるのがいいかもしれません。

予約の取りにくさを理由に解約はできる?

解約書類

どこのサロンであっても、予約が取れないことを理由に解約することはできます。基本的に解約できるかどうかに理由は関係ありません。急な転勤や引越しなどを理由に多くの人が解約しています。

無理矢理引き止めるようなことはありませんが、サロンによってはサービス向上のために解約理由を聞くところもあります。そのような時は、正直に「予約が取れなかった。」と伝えればサロンの改善にも繋ります。

返金額はほとんどのサロンが同様の計算式になる

解約する場合に違約金などが必要となるケースはほとんどありません。ただし、手数料がかかることがあります。通常の返金額の計算式は以下の通りです。

  • 返金額 = 支払い総額 ― (1回あたりの施術料金 × 施術を受けた回数) – 解約手数料

解約手数料は返金額の10%となることが多いです。

例えば、支払った金額が20万円で10回コースの場合、施術の1回あたりの金額は2万円になります。4回施術を受けてから解約する場合を式に当てはめると次のようになります。

支払い総額20万円 ― (1回あたりの施術料金2万円 × 施術を受けた回数4回) = 12万円

解約手数料(返金額の10%) = 12万円 × 10% = 1万2千円

返金額 = 12万円 − 1万2千円 = 10万8千円

このように10万8千円が返金ということになります。なお、返金額の詳しい計算式は各脱毛サロンに確認してください。

クーリングオフの期間であれば全額返金される

どこのサロンも契約から8日以内であれば、クーリングオフの期間となりますので、全額が返金されます。

ただし、契約などが以下の条件に当てはまっている必要があります。

  • 契約期間が1ヶ月を超える
  • 契約金額が5万円を超える
  • 契約書面を受け取った日から8日間

なお、解約時のサロンの対応状況を以下にまとめておきます。内容は変更になることがありますので、以下の内容はあくまでも参考として、詳しい内容は各サロンに問い合わせてください。

銀座カラー

銀座カラーでは直接サロンにいかなくても、コールセンターに電話すれば解約ができます。返金額を受け取る口座情報を伝える必要があるので、通帳やキャッシュカードを準備しておきましょう。

返金額などについては、コールセンターの方が計算してくれます。

  • 施術前の解約
    支払い金額から2万円を引かれた金額が返金されます。
  • 施術後
    返金額 = 支払い総額 ― (1回あたりの施術料金 × 施術を受けた回数) – 解約手数料(返金額の10%最大2万円)

ジェイエステ

ジェイエステの解約手続きはコールセンターで受付けをしてくれます。解約手続き用の書類を発送してくれるので、必要事項に記入をして返送します。

  • 中途解約
    クーリングオフの解約期間が切れた後の解約は中途解約扱いになります。その場合は、解約手数料として返金額の10%が差し引かれた額が戻ってくることになります。

キレイモ

キレイモの解約にはコールセンターまたは店舗で対応してくれます。コールセンターへ連絡を入れた場合は、書類を送ってくれるので必要事項を記入をしたら返信すれば手続きを進めてくれます。

店舗解約の場合には印鑑、契約書、返金用の口座情報、クレジットカード(カード払いの場合)などが必要になりますので忘れずに持参しましょう。

  • 月額制の解約
    月額制の場合、2ヶ月以上の継続をしていれば違約金、解約手数料などは一切かからず解約することができます。1ヶ月前までに、解約の連絡を済ませないと翌月分が自動引き落としになるので注意しましょう。
  • 回数パック制の解約
    回数制のパックプランの場合は、返金額の10%の解約手数料がかかります。残りが口座に返金されることになります。

ミュゼプラチナム

ミュゼでは契約をした店舗での解約手続きが必要になります。契約店舗までの来店が難しい場合には他店での受付も可能なようなので、問い合わせてみましょう。

解約際には、契約書、印鑑、クレイジットカード、返金時の口座情報も必要になるので持参するようにしましょう。

ストラッシュ

ストラッシュでは店舗かコールセンターへの連絡で解約の手続きをすることができます。コールセンターの場合、他のサロンと同様に書類が送られてくるので必要事項に記入をして返送しましょう。

店舗での手続きの場合は印鑑、クレジットカードなどが必要になるので連絡されたものはしっかりと持参するようにしましょう!

  • 中途解約
    お手入れが開始してからは、中途解約の扱いになります。
    返金額 = 支払い金額 ― 1回あたりの施術料金 × 施術を受けた ― 解約手数料10%

脱毛ラボ

脱毛ラボではコールセンターのみでの解約手続きはできません。店舗での解約手続きが必要になります。
コールセンターへ解約の電話をかけてから店舗に行くことになります。

店舗への来店が難しい場合には、解約用の書類を送ってくれるのでようなのでコールセンターの方に相談してみるのがいいでしょう。

  • 施術後の解約
    お手入れが開始してからは、中途解約の扱いになります。
    返金額 = 支払い金額 ― 1回あたりの施術料金 × 施術を受けた回数 ― 解約手数料10%(振込み手数料も負担になります。)

シースリー

シースリーの解約方法はコールセンターへの電話か店舗での手続きで解約をすることができます。コールセンターの場合は必要書類を送ってくれるので、記入後に返送しましょう。

店舗での直接解約には、印鑑、口座情報、クレジットカードなどが必要になります。

  • 中途解約
    お手入れが開始してからは、中途解約の扱いになります。
    返金額 = 支払い金額 ― 1回あたりの施術料金 × 施術を受けた回数 ― 解約手数料10%

解約のまとめ

施術後では解約手数料がかかってきます。サロンごとに金額が異なりますので返金額には差がでます。基本的には残りの回数分が返金されますので、解約を決めたら即行動した方がいいでしょう。

必要書類や持参するものはサロンごとで変わってくるので、解約連絡をした際にはスムーズに手続きを済ませるためにもしっかりと把握しておくことをオススメします。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事