MENU

CLOSE

VIOじゃなければ生理中に脱毛はできる?生理中の脱毛と、脱毛サロンの対応について

VIOじゃなければ生理中に脱毛はできる?生理中の脱毛と、脱毛サロンの対応について

1577views

カテゴリ:施術している時の疑問や不安

生理中でも脱毛不可ではない

生理中でも脱毛できる

脱毛の予約をしていたのに、予期せず生理になってしまった。

これからサロンで脱毛をしたいと思っているけど、生理中はどうすればよいのだろう。

このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

明確なルールや基準があるわけではありませんが、多くの脱毛サロンでは生理中の脱毛はお勧めしていません。

ただしこれは、生理中は脱毛ができないというわけではありません。

なお、医療機関であるクリニックでは、生理中でも脱毛はOKとしています。

なぜなら、施術後のトラブルに対して、医師や看護師による適切な処置が受けられるからです。

その点、医療機関ではない脱毛サロンでは、肌トラブルなどを避けるため、生理中はなるべく脱毛を避けた方がよいというスタンスになっていますが、施術を受けることは可能となっています。

VIOとVIO以外の対応

VIOは、いわゆるデリケートゾーンの脱毛になります。

ビキニラインや性器周り、お尻の穴周りのムダ毛の処理となるため、生理中は施術を行えなくなるのはわかりますが、VIO以外の箇所(例えば脇や腕など)であれば脱毛は可能なのでは?と思ってしまいますよね。

実際に、サロンによっては生理中であってもVIO以外の箇所であれば、施術OKの場合もあります。

ここでは、サロンごとの対応についてご紹介します。

サロン 対応
キレイモ 生理中であっても、VIOとヒップ以外の施術は可能となっています。
銀座カラー 生理期間中のVライン(上部、サイド、Iライン)、ヒップ、ヒップ奥の施術についてはお断りしています。
脱毛ラボ 生理中であっても、VIOとヒップの脱毛は施術可能となっています。
ただし、生理痛の薬を飲んでいる場合は、施術をお断りしています。
ストラッシュ 生理中はデリケートゾーン以外の施術であれば可能となっています。
なお、ストラッシュでは専用の紙パンツの用意がないため、全身脱毛を受ける場合は自分で用意した生理用ショーツに、タンポンやナプキンを装着した状態で施術を受けることになります。
ジェイエステ 生理中のデリケートゾーンの脱毛はお断りしています。
その他の部位に関しては特に問題はありませんが、体調などを考慮し、できるだけ避けた方がよいとしています。
ミュゼ 生理中のデリケートゾーンの脱毛は不可となっています。
ただし、デリケートゾーン以外の施術に関しては、体調もよく、痛み止めなど薬の服用がなければ可能となっています。
シースリー お客様のお体を考慮し、シースリーでは生理中の施術を一切お断りしています。

生理中に脱毛しない方がいい理由

生理中に脱毛しない方がいい理由

生理とは関係のない部位なのに、生理中の脱毛はお勧めできないと言われると、どうしてなの?と思いますよね。

しかし、生理中に脱毛しない方がよいとサロンで言われるのは、次のような理由があるからです。

肌が敏感になっている

生理中は女性ホルモンのバランスが乱れているため、ニキビや肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなっています。

通常であれば問題のない脱毛器具の使用でも、炎症やかゆみなどを起こしやすくなりますし、生理中は体調が優れない状態であることが多いため、刺激に敏感になり痛みを感じやすくなると言われています。

脱毛効果が薄れる

脱毛は毛周期に沿って行われますが、毛の成長はホルモンと深い関係があり、ホルモンバランスが不安定な時期(生理中)は思うような脱毛効果が得られない可能性があるからです。

ストレスを感じやすい

生理中は、神経が過敏になりイライラや不安感が高まりやすくなっています。

そのような時に、脱毛の施術を受けるのは、精神的にはあまりよくないと言えます。

衛生面の考慮

生理による出血が起こっている最中に、施術用のベッドに座ったり寝そべったりしていて、万が一血がベッドやシーツに付着してしまえば、それは衛生上極めてよくない状態となってしまいます。

自分だけではなく、他のお客様やスタッフのことを考えると、できるだけ生理中は避けたほうがよいと言えます。

生理不順の場合、脱毛は受けられない

生理不順

生理不順の人は、脱毛の施術を受けることはできないと考えておいた方がよいでしょう。

脱毛サロンでは、カウンセリングの時に、生理の状況や体調について聞かれます。

生理中は基本的に施術は避けた方がよい、というのはこれまでのご説明でご理解頂けたと思いますが、それでは生理不順の場合はどうなのでしょうか。

生理不順と伝えると、サロンからは「先に婦人科に行って検診等を受けてきて下さい」と言われます。

つまり、生理不順とわかった時点で、施術はNGと判断されてしまいます。

それには、次のような理由があります。

生理不順だと脱毛効果が期待できない

先述した通り、毛周期はホルモンバランスと関係があるため、生理不順の人が脱毛をしても、その効果を得にくいと言われています。

実際に、生理不順の人の中には、脱毛サロンにて脱毛の施術を受けたものの、「2週間ほどで毛が抜けて来ます」と言われていたにも関わらず、殆ど抜けることがなかったという話もあります。

クレーム対応のためでもある

生理不順ということがあらかじめわかっており、その上で思うような脱毛効果が得られないかも知れないと言っても、それでもいいから施術を受けたいというお客様がいます。

そのような人全てではありませんが、中には再三説明したにも関わらず「脱毛効果がなかったから返金して欲しい」とクレームに発展することがあるようです。

そのため、このような事態を避けるために、最初から生理不順の場合は、施術をお断りしているサロンもあります。

生理不順と多毛の関係

毛量や毛質は、個人によって捉え方が違いますが、明らかに他の人と違うと感じる場合や自己処理の回数が多いと思う時は、生理の周期を確認してみましょう。

生理不順はホルモンバランスの乱れだけではなく、病気が原因になって起こることもあり、その際毛が濃い、毛が多いといった症状が現れることがあります。

気になる人は一度婦人科を受診しましょう

生理は通常、25~38日の周期で起こると言われています。

前回の生理開始日から今回の生理開始日前日までの日数が、この周期内に収まっている場合は、例え毎月決まった間隔(例えば30日ならきっちり30日)ではなくても、それは生理不順にはなりません。

生理不順とは、生理が24日以内できたり、39日以上間を空けてくることを言います。

また、生理はちょっとしたストレスの影響を受けて、早まったり遅れたりすることもあるため、それが一度で終わり、以後はこれまで通りの間隔で生理が再開されれば、それも生理不順とは言えません。

ただし、これからサロンで脱毛の施術を受けようと思っている場合、生理について気になることがあれば、早めに病院を受診することをお勧めします。

治療によって規則正しく生理がくれば、生理期間中を避けて施術を受けることが可能になります。

生理中の脱毛、サロンごとに対応が異なる理由

サロンごと対応

生理中であっても、サロンによってはVIO以外であれば施術はOKというところと、部位に関わらず施術はNGというところがあります。

同じ生理中という条件にも関わらず、このように対応が分かれてしまうのはどうしてなのでしょうか。

基本的には推奨していない

生理中の脱毛が可能のサロンであっても、あくまでも「できるかできないかと言われたらできる」のであって、生理中の脱毛は推奨していない場合が殆どです。

その主な理由は、生理中は肌トラブルが起こしやすいことと、思うような脱毛効果が得られない可能性があるからです。

そのため、施術OKのサロンであっても、脱毛の効果や思うような結果ではなかった場合について必ず確認されます。

生理中の脱毛については、自己責任であることを念頭に置いておきましょう。

キャンセルの扱い

サロンごとの扱い

脱毛の施術予定日に生理になってしまったら、その日の施術は諦めて別の日に振り替えてもらうのが、十分な脱毛の効果を得るためにも、そして体調や肌の管理においてもベストだと言えます。

しかし、そうなると気になるのが、キャンセルした場合のサロンの対応ではないでしょうか。

そこでここでは、サロンごとの生理によるキャンセルの扱いについてご紹介したいと思います。

キレイモ

キレイモは、選ぶプランによってキャンセルの扱いが違います。

月額定額プランの場合は、生理が理由であってもキャンセルは1回分の消化となり、最初に決めた予約の変更も行うことができません。

これに対し、回数パックプランの場合は、前日までの電話連絡で予約変更をすることが可能となっており、1回分の消化になりません。

銀座カラー

前日の19時までにキャンセル(予約の変更)を行うと、1回分の消化になりませんが、当日キャンセル場合は1回分の消化となります。

脱毛ラボ

前々日の21時30分まで連絡をして予約を変更すれば、キャンセル料は掛かりませんが、前日の場合は1,000円のキャンセル料が発生します。

さらに当日のキャンセルは、1回分の消化となります。

ストラッシュ

前日の20時まで電話にてキャンセルをすると無料ですが、前日の20時以降、当日のキャンセルについては、1回分の消化となります。

これは、月額制、回数制、都度払いのどのプランでも同じ対応となります。

ジェイエステ

予約のキャンセルは、契約している店舗の営業時間内に、3日前までに電話連絡すると無料となります。

当日のキャンセルについては、1回分の消化となります。

ミュゼ

ミュゼでは、当日にやむを得ずキャンセルする場合でも、キャンセル料は掛かりません。

ただし、ペナルティーはあります。

ミュゼでは、解約時に残りの回数分は返金されますが、施術開始時刻の24時間前を過ぎてキャンセルを行うと、この解約時の返金対象からは外れてしまいます。

契約を解約しない限りはペナルティーにはなりませんが、覚えておくとよいでしょう。

シースリー

予約時間前までに連絡すると、当日であってもキャンセル料は掛かりません。

その代わり、予約時間から1分でも過ぎてしまうと、キャンセル料が3,000円掛かります。

また、無断キャンセルの場合は1回分の消化となります。

まとめ

生理になってしまったときの施術について、説明してきました。

基本的にはVIO以外であれば施術が可能となるサロンが多いですが、ホルモンの関係から生理中には無理に脱毛しないほうがいいでしょう。

できるだけ、計画的に予約を取ることと、キャンセルについてよく確認しておくことが大切です。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事