MENU

CLOSE

子どもの脱毛状況、バレエや水泳などの習い事とムダ毛処理について説明します。

子どもの脱毛状況、バレエや水泳などの習い事とムダ毛処理について説明します。

3157views

カテゴリ:脱毛の年齢

思っている以上に深刻な子どものムダ毛の悩み

子どものムダ毛の悩み

「友達に毛が多いと言われた」

「腕や足の毛がたくさん生えていて気持ち悪い」

お子さんからこのような悩みを打ち明けられた時、親としてどう対処するのがよいのでしょうか。

今の親世代が子どもの時は、自分の毛深さにそれほど悩むことはなかったかも知れませんが、現代の子どもは美意識が高く、小学校の高学年ともなるとムダ毛を自己処理している子も多くいます。

そのため、ムダ毛の悩みに対して「気にしなくて良い」「からかう子が悪い」と言ったところでは何の解決にもなりません。

むしろ、子どもの心は大人が思っている以上に繊細のため、放っておくとムダ毛が原因で学校へ行けなくなるケースもあるようです。

子どもの脱毛で気を付けたいこと

カミソリイメージ

ムダ毛の自己処理として一般的なカミソリは、大人が使っても肌を傷めたり、黒ずみの原因となるものです。

肌の弱い子どもが使えば、当然ながら余計に肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。同様に毛抜きでの自己処理もお勧めできません。

毛抜きは、カミソリ以上に肌への負担が掛かるだけではなく、毛を強引に抜いた後に生えてくる毛に皮膚が覆い被さることで(これを埋没毛と言います)、ポツポツとした黒い点状になり、見た目がかなり悪くなってしまいます。

また、子どもの脱毛には、家庭用脱毛器や脱毛クリームを使えばよいという意見もありますが、家庭用脱毛器は子どもの使用を禁じている場合がほとんどです。

脱毛クリームに関しては、成分によってはかぶれや炎症などを起こしてしまうため、こちらも決して安全とは言えないでしょう。

ムダ毛の処理と言うと、上記であげた方法を行ってしまいがちですが、お子さんの肌にはダメージが大きいことから行う際には十分な注意が必要となります。

子どもにとって比較的安全な脱毛方法とは

安全な脱毛方法

シェーバーを使用する

シェーバーは、刃が直接肌にあたらないように設計されているため、カミソリのように皮膚を傷付けることがありません。

なお、シェーバーには主に顔剃り用と全身用があるため、お子さんのムダ毛の悩みがどこの部位なのかによって選ぶのがよいでしょう。

また、シェーバーを使用後は肌が乾燥しやすくなるため、使用後は肌の乾燥を防ぐために必ず保湿をするようにしましょう。

抑毛ローションを使用する

抑毛ローションとは、毛の細胞に働きかけて毛の成長を遅くしたり、生えてくる毛を薄く細くするものです。

カミソリや毛抜き、脱毛クリームのようにすぐに目に見えてムダ毛がなくなるわけではありませんが、使い続けることで少しずつムダ毛が薄くなっていきます。

なお、抑毛ローションに使用される成分には、自然由来や天然素材にこだわっているものもあるので、お子さんに使用する場合にはそのような商品を選ぶのがよいでしょう。

脱毛サロンを利用する

脱毛サロンでは、光脱毛器を用いてメラニンに熱ダメージを与え、毛が生えるのを抑制して脱毛を行います。

最近は、子どもでも施術が受けられるほど痛みのない光脱毛器も登場しており、3才から受けることが可能となっています。

もちろん、痛みだけではなく照射部分が高温になることもないので、火傷などのトラブルの心配もありません。

脱毛をした方が良い習い事

習い事

女の子に人気の習い事と言えば、バレエや新体操がありますよね。

また最近は水泳、シンクロナイズドスイミングやフィギュアスケートも、世界で戦えるレベルの選手が多く出ていることから、習い始める子どもが多くいます。

これらのスポーツに共通していることと言えば、脱毛です。

水泳やシンクロナイズドスイミングでは、肌を露出する機会が増えますし、バレエや新体操、フィギュアスケートは素肌を直接晒すものではありませんが、両手や足を広げる動作を行うことからムダ毛の処理に気を配る人は多いと言われています。

このような習い事をしている子どもの多くは、小さい時から脱毛に対する意識が高いだけではなく、実際に脱毛サロンへ通っているケースも少なくありません。

バレリーナの脱毛や脱毛状況

バレエ

バレリーナの場合、カミソリなどの自己処理では、レオタードやタイツに伸びてきた毛がチクチクとしたり、背中やうなじなどの処理ができないため、脱毛サロンなどプロの手にお任せする人が多いと言われています。

また、バレエの衣装の多くは袖がなく、両手を上げると脇が丸見えとなりますよね。

そのため、他は自己処理をしているものの、脇だけは子どもの時から脱毛サロンで処理をしている人も多いようです。

水泳の脱毛や脱毛状況

水泳

水泳の場合は、肌の露出が多いことから脱毛を意識しやすいスポーツと言えるでしょう。

しかし、水泳には見た目以外にも脱毛に重要な意味があると言われています。

それはタイムです。

オリンピック選手はみなさん、レース前にムダ毛の処理を欠かさないと言われていますが、それはムダ毛が生えていることで水に抵抗力が生まれ、タイムが落ちてしまうから。

趣味や健康のために水泳を行っている分には、それほど真剣に考える必要がないかも知れませんが、競技者として進むことを決意した人は、0.01秒でもタイムを早くするために全身脱毛を行う人も多いと言われています。

なお、野外のプールで練習をして日焼けをしている人は、脱毛サロンでの施術は断られることがあるので注意です。

フィギュアスケートの脱毛や脱毛状況

フィギュアスケート

フィギュアスケートの場合、脇や腕、背中などを露出した衣裳を着ることが多いですし、足を高く上げる演技があるため、全身脱毛を行う人が多いと言われています。

また、デリケートゾーンに汗をかいてタイツの中が蒸れると、集中力が切れてしまうこともあるため、子どもの時から脱毛サロンで施術を受けてムダ毛を処理していると言われています。

シンクロナイズドスイミングの脱毛や脱毛状況

シンクロナイズドスイミング

シンクロナイズドスイミングで着用する水着は、一般のものよりもかなりハイレグが深くなっていますが、これは水の抵抗を少しでもなくすための仕様となっています。

しかし、そうなると気になってくるのがデリケートゾーンのムダ毛ではないでしょうか。

デリケートゾーンのムダ毛は太くて濃いため、カミソリや毛抜き、脱毛クリームなどで処理するのは難しいと言えます。

そのため、シンクロナイズドスイミングを行っている場合、早ければ小学校高学年で脱毛サロンの施術を受けることもあるようです。

まとめ

子どもだからこそムダ毛に悩んでいるというケースは意外に多いものです。周囲が気付いてあげることがとても大切です。

また、肌が露出するスポーツをしているお子さんの場合は、周囲の状況も見ながら脱毛を考慮した方がいいでしょう。

脱毛は大人だけの問題ではないということを、しっかりと覚えておきましょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事