MENU

CLOSE

IPL、SSC、SHRとは?光脱毛の種類による痛みや脱毛効果など

IPL、SSC、SHRとは?光脱毛の種類による痛みや脱毛効果など

6725views

カテゴリ:サロンの選び方

光脱毛について

脱毛サロンを選ぶ時、多くの場合、施術の効果やスタッフの対応などが掲載されている口コミを始めとして、料金設定、自宅や会社からの通いやすさなどを判断材料にしているのではないかと思います。

もちろん、これらも脱毛サロンを選ぶ上では欠かせないものと言えますが、ここにもう一つ加えて頂きたいのが、脱毛サロンがどのような脱毛機器を使用しているかということ。

脱毛サロンで行われる主な脱毛方法は光脱毛となっていますが、光脱毛で使用される脱毛機器は実は一種類ではありません。

つまり、光脱毛と一口に言っても、脱毛サロンによって使用している脱毛機器が違うため、当然ながらおのずと得られる効果にも違いが生じると言うわけです。

そのため、自分の毛質や肌質に合った脱毛機器を使用している脱毛サロンを選ぶことが大切になります。

なお、現在の脱毛サロンで主流となっている光脱毛機器は以下のものになります。

3種類の光脱毛

  • IPL方式
  • SSC方式
  • SHR方式

しかし、名前を聞いただけではどのような違いがあるのかよくわからないと思いますので、次より順に詳しくご説明したいと思います。

IPL(方式)脱毛とは

IPLとは、インテンス・パルス・ライト(Intense Pulsed Light)の略で、現在多くの脱毛サロンが採用している光脱毛機器となります。

別名フラッシュ脱毛とも呼ばれるもので、文字通りカメラのフラッシュのような眩い光が発生します。

IPLは、光が毛のメラニンに反応することで熱を発生させ、その熱エネルギーによって毛根部にある毛乳頭を破壊します。

IPLは元々、毛穴の引き締めや赤ら顏の改善など、美肌効果に優れているとして主に美容目的で使用されていたものですが、後に脱毛効果が期待できるものとして脱毛機器に採用され広く普及しました。

施術部分に専用のジェルを塗ることで光の吸収をよくし、一度に広範囲を照射できるのがメリットです。

ただし、メラニン色素に反応させるため、産毛にはそれほど効果がないことや、ほくろやシミがある部分、日焼けした肌には照射できないと言ったデメリットもあります。

毛周期に合わせての施術になります

IPLによる脱毛では、毛の成長期に合わせて毛乳頭を破壊する必要があります。逆に言うと、成長期以外にいくらIPLを照射しても、脱毛効果は殆ど望めないと言えます。

毛は常に全てが表面化しているわけではなく、全体の20~30%ほどと言われています。

つまり、残りの70%は皮膚の内部に存在しているため、一度の照射で全ての毛を除去することはできません。

このため、IPL脱毛では毛周期に合わせて、成長したムダ毛をその都度処理することになります。

なお、全身脱毛の場合、全ての毛の処理が終わるまでには、2~3年ほど施術に通う必要があると言われています。

IPL脱毛を採用している主なサロン

キレイモ

キレイモでは、通常脱毛サロンで使用される冷却ジェルは使用しません。

あのヒヤッとした感じが苦手という人は以外と多いのですが、脱毛器はヘッドの部分に冷却装置が付いているため、ジェルを使用しなくても安心して施術を受けることができます。

また、「スリムアップ脱毛」という独自の施術(月額プランなら9,500円)によって、脱毛だけではなく引き締まったボディラインを手に入れるお手伝いを行っています。

月額制の全身脱毛を行っている他のサロンでは、パーツを分けて施術をするため何度も通う必要がありますが、キレイモでは1回の施術で全身の脱毛を行うため、2ヶ月に1回のペースで通うだけでOKです。

この他、ドクターサポートや返金システムなど、お客様が安心して通える脱毛サロンを目指しています。

銀座カラー

銀座カラーでは、最新マシーンの導入によって、全身脱毛に掛かる施術時間を他の脱毛サロンの1/2~1/3程度(約60分)で行っています。

そのため、通常では年4回ほどしか受けられない施術が最大で年8回受けることができ、早く脱毛を終えたい人に選ばれています。全身22箇所の脱毛し放題というキャンペーンも行っていますので、低価格での全身脱毛が可能です。

さらに、クリニックと提携しているため、万が一の事態にも迅速に対応することができます。

SSC(方式)脱毛とは

SSCは、スムーススキンコントロール(Smooth Skin Control)の略で、イタリアのDEKA社が開発した脱毛機器になります。

IPL脱毛が、光によって発生する熱エネルギーによって毛根部を直接破壊するのに対し、SSCでは抑毛効果の期待できる専用のジェルを、光の照射にて毛根部に浸透させることで発毛を抑える仕組みとなっています。

また、脱毛器とジェルの両面から脱毛作用が与えるため、光の照射の出力を低く抑えることができるので、IPL方式と比べて痛みを感じにくく、腫れや火傷などを起こしにくい脱毛方法と言われています。

なお、ジェルには美容成分も含まれており、脱毛の施術を受けながら黒ずみが消えたり、毛穴が引き締まるなどの美肌効果を得ることができると言われています。

施術が終わる期間はサロンによって異なります

SSC方式の脱毛は、光で直接毛根部にダメージを与えるものではないため、毛の生え変わり(毛周期)に関係なく施術ができるとしています。

そのため、サロンによっては従来の毛周期に合わせた2~3ヶ月に1回のペースでの施術を、1ヶ月に1回や、場合によっては2週間に1回のように短く設定しているところもあります。

その一方で、SSC方式で使用されているクリプトンライトも、毛のメラニンに反応して作用することから、毛周期に沿って施術を行った方が効果が上がるという見方もあり、その場合の脱毛終了までの期間は、IPL方式と同じく全身脱毛では2~3年ほど必要となります。

このようなことから、同じSSC方式を採用しているサロンでも、施術が終わるまでの期間にはバラつきがあります。

SSC脱毛を採用している主なサロン

ミュゼプラチナム

美容脱毛サロンで、売り上げ・店舗数ともに№1に輝いた有名サロン。

また、予約のキャンセルや契約の解約には、違約金などは一切発生しない安心のシステムを採用しています。

ミュゼの料金プランは、「美容脱毛完了コース」「フリーセレクトコース」「セットコース」の3つに分かれ、それぞれが細分化されているため、より自分の目的に合ったプランを選ぶことができます。

なお、随時キャンペーンを実施しており、両ワキやVラインは300円ほどで通い放題の脱毛を受けることができます。

脱毛ラボ

駅近でアクセスがしやすく、夜22時まで営業しているため、会社帰りでも通いやすいと人気の脱毛サロンです。

脱毛ラボの料金プランには、脱毛スピードにこだわらず月に一回施術が受けられたらOKという人にお勧めの月額制プラン(月額1,500円~)と、最短で2週間に1回通えるため「とにかく早く脱毛を終わらせたい」という人にお勧めの回数制プランがあります。

SHR(方式)脱毛とは

SHRは、スーパーヘアーリムーバル(Super Hair Removal)の略で、最新の脱毛機器の一つとなっています。

IPLやSSCが毛根部に働きかけて毛が生えるのを抑えるのに対し、SHR方式では毛包と呼ばれる毛根を包む組織に熱を加えて毛が生えるのを抑えます。

また、SHR脱毛器から照射される光はごく弱く、毛包に徐々に溜めていく蓄熱式です。

そのため、IPLやSSCでは輪ゴムを弾いたような痛みを感じていたという人でも、照射している部分がじんわりと温まる感覚がする程度で、ほどんど痛みを感じません。

さらに、メラニンに反応しないため、日焼けした肌はもちろん、色素の薄い金髪、白髪、産毛なども脱毛が可能となっています。

半年から一年で脱毛が完了

SHR方式は、毛が皮膚表面に伸びた状態で、メラニンをターゲットにして光を照射するわけではなく、毛穴の奥の毛包をターゲットとしているため、毛周期に左右されることがありません。

そのため、脱毛箇所にもよりますが、最短で半年ほどで脱毛が完了する場合があります。

SHR方式の脱毛方法は、この期間の短さが最大のメリットと言えますが、採用している脱毛サロンがまだまだ少ないのが現状です。

SHR方式を採用しているストラッシュ

ストラッシュは、2年連続医療関係者が選ぶ脱毛サロンで1位を獲得
した脱毛サロンです。

ストラッシュが採用しているSHR方式の脱毛機器は、高額であることから採用しているサロンがまだまだ少ない中、TVコマーシャルや電車の中吊り広告などの宣伝費を掛けないことで、低料金で施術を受けることが可能となっています。

全身61ヶ所の脱毛が可能な全身脱毛も、月額制なら7,980円で受けることができます。

ハイパースキン脱毛とは

脱毛サロンの主流の脱毛方法とは違いますが、最近注目されている新しい脱毛方法にハイパースキン脱毛があります。

ハイパースキン脱毛は、従来の脱毛方法とは全く異なるアプローチで脱毛を行います。

これまで発毛は、毛根部にある毛乳頭が指令を送っていると考えられていたのですが、近年は皮脂線の少し下にあるバルジ領域から発毛因子が出ることで、毛が生えることがわかってきています。

ハイパースキン脱毛は、そのバルジ領域から出た発毛因子をターゲットにして熱を加えることで、毛が生えてこないようにする仕組みとなっています。

なお、熱を加えると言っても、ハイパースキン脱毛で照射される光の温度は38度程度。

そのため、熱による痛みを伴わないので、お子さん(3才より)も施術を受けることができます。

施術は休止期に行います

IPLやSSCによる脱毛では、毛周期の中の成長期に光を照射する必要がありましたが、ハイパースキン脱毛はその逆の休止期に行います。

なお、その他の光脱毛のよう照射して1~2週間後にポロポロと抜け落ちるのではなく、毛穴から毛を生えてこなくするのがハイパースキン脱毛のため、目に見える効果は少ないと感じるかも知れませんが、割合で言うとどちらも全体の2~3割が対象となるため、最終的に脱毛効果は変わらないと言われています。

美容クリニックのハイパースキン脱毛機器とは仕様が異なります

バルジ領域が発毛に関わっていることがわかってから、医療脱毛を行う美容クリニックでもハイパースキン脱毛を採用するケースが増えています。

ただし、美容クリニックで使用されているハイパースキン脱毛は、脱毛サロンものとは異なり、バルジ領域を破壊するレーザーを搭載したものです。

ハイパースキン脱毛を採用しているディオーネ

敏感肌専用の脱毛サロンとして、アトピー肌やニキビがあっても通うことができます。

また、ディオーネが採用しているハイパースキン脱毛の光には、コラーゲンの生成をサポートする働きがあることから、脱毛を行いながら美肌作りも同時に可能となっています。

なお、通うペースは最短で2週間に1回でもOKなので、早く脱毛効果を得たいという場合にもお勧めです。

医療脱毛について

医療脱毛とは、美容クリニックなどの医療機関で受けられる脱毛方法のこと。

本来、脱毛は医療機関のみで行われるよう法律で決められており、脱毛サロンでは医療機関と同等の脱毛の施術を行うことができません。

そのため、脱毛サロンで行われているのは、厳密に言うと除毛や減毛、抑毛になります。

医療脱毛は、脱毛サロンでの施術に比べ、短い期間で高い脱毛効果を得ることができます。

さらに、施術を行うのが医師であることから、万が一のトラブルにも柔軟に対応してもらうことができます。

レーザー脱毛

現在の医療脱毛の主流は、レーザーの照射によって毛根部を破壊する脱毛方法になります。

また、レーザー脱毛の中でもHR式とSHR式の2種類に分けることができます。

  • HR式はメラニン色素に反応して熱エネルギーを発生させ、毛根部を破壊する従来型の脱毛方法
  • SHR式は発毛因子を出すバルジ領域(毛包を狙う機種もあります)に熱をジワジワと与えて破壊するタイプ

なお、HR式のレーザー脱毛は痛みが強く出やすいのが特徴ですが、一方のSHR式は痛みが少ないとされています。

ニードル(針)脱毛

プローブと呼ばれる針を毛穴に差し込み、電気を流すことで毛乳頭を破壊し、脱毛効果を得る方法です。

毛の一本一本に対応し、毛乳頭に直接熱エネルギーを与えることができるため、産毛などの細く色素の薄い毛にも施術を行うことができ、また確実に脱毛効果を得ることができます。

レーザー脱毛が登場するまでは、脱毛と言えばニードル脱毛のことを指していましたが、施術にはかなりの痛みが伴い、料金も高額のため、現在ではニードル脱毛を選ぶ人は少なくなっています。

とは言え、他の脱毛方法では施術不可の部位であっても施術ができることから、特定部分のみの脱毛方法として利用している人も多くいます。

まとめ

光脱毛といっても、その方式は種類があることが分かったと思います。

中でもSHR方式は2週間から1か月に一度通えることから、徐々に広まってきている方法です。

脱毛サロンは様々なキャンペーンを行ってるので、その内容に目が行きがちですが、脱毛マシンも少し考えてみるといいかもしれません。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事