MENU

CLOSE

毛抜きで 脱毛するために大切な5つこと・毛抜きの危険性について

毛抜きで 脱毛するために大切な5つこと・毛抜きの危険性について

847views

カテゴリ:サロン以外の脱毛方法

毛抜きを使った正しい脱毛方法とは

ムダ毛の自己処理でよく行われる方法には、カミソリと毛抜きの2つがあります。

しかし、カミソリは処理を行っても数日でまた毛が生えてきてしまったり、剃って時間が経つと毛が伸びてきてチクチクするため、自己処理の頻度は多くなりがち。

さらに、ムダ毛を剃る時に刃で肌表面も一緒に削ってしまって、皮膚が乾燥して荒れやすくなるなどのトラブルも多いものです。

そのため、自己処理の頻度がカミソリよりも長く、処理後に残った毛で煩わしさを感じることのない毛抜きを選んで行っているという人も多いでしょう。

とは言え、毛抜きでただ闇雲にムダ毛を引っこ抜いてしまうのはいけません。

脱毛はどのような方法であっても肌に負担を掛けてやすいため、正しい方法で行わないと思わぬ肌トラブルを招くことがあります。

ここでは、毛抜きで上手に脱毛するために大切な5つのことをご紹介します。

1. 毛抜きはしっかりと選ぶ

毛抜きは、ツィザーと呼ばれるピンセット様の専門の器具を使って行います。

ツィザー(毛抜き)は100円ショップなどでも手軽に買うことができますが、大量生産されたものの中には、先端の作りが荒く、ムダ毛をきちんと掴むことができないものもあります。

そのような毛抜きを使うと、ムダ毛がちゃんと抜けなかったり、途中で切れたりして、綺麗に処理が行えません。

高ければよい、というわけではありませんが、使い勝手などを含めてきちんと吟味したものを選ぶことが大切です。

2. 処理前に毛穴を開く

毛抜きで処理を行う時は、皮膚が温まり、毛穴が開いた状態で行うと負担が少なく済みます。

一番よいタイミングはお風呂上がりです。

なぜなら、お湯で体が温まって毛穴が開いているだけではなく、体を洗って清潔な状態なので、肌トラブルが起こりづらいからです。

また、お風呂に入らない場合は、蒸しタオルで処理をしたい部分を温めてもOKです。

蒸しタオルは、湿らせたタオルを電子レンジで1分加熱するだけで作ることができます。

なお、お風呂上がりはお勧めしますが、入浴時に処理を行うのは止めましょう。

お風呂には清潔なイメージがありますが、実は汚れが多く溜まっているところ。

特に湯船は雑菌が多く、毛抜きでムダ毛を処理して開いた状態の毛穴に入り込むと、炎症などを起こすことがあります。

3. 毛並みに沿って処理する

毛並みに逆らって抜くと、毛穴や皮膚に負担が掛かりやすくなります。

毛抜きを持っている逆の手で、ムダ毛を処理する辺りを抑えて、なるべく皮膚が引っ張られないように注意しながら抜きましょう。

処理後は毛穴を閉じる

毛抜きでムダ毛を抜いたままにしておくと、開いた毛穴に雑菌や汚れが付着し、トラブルの元となります。

そのため、処理後は冷たいタオルやコットンなどで、しっかりと冷やすようにしましょう。

4. アフターケアを行う

処理後は保湿を十分に行って下さい。

また、前述した通り、湯船は雑菌が多いため、毛抜きをした後にお風呂に入るよりは、お風呂に入った後に毛抜きを行うのがよいでしょう。

5. 毛抜きで脱毛する危険性

毛抜きでムダ毛の処理を行うと、毛が全て抜けてなくなったと思っている人がいますが、それは違います。

毛抜きで抜いているのは、毛根部にある毛乳頭と呼ばれる部分より、上から目に見えているところのみ。

そのため、正確には毛を抜いているというよりも、毛乳頭の上から引きちぎっているだけです。

毛乳頭は毛細血管と繋がっており、毛を成長させるための栄養や酸素などを受け取る役割を担っているので、残った毛乳頭からしばらくするとまた毛が生えてきます。

この時、毛抜きによって皮膚にダメージを与えられると、皮膚はそのダメージから回復するために毛穴を覆ってしまい、次に生えてきた毛が皮膚の表面に出ることができません。

これは、埋没毛と言われる状態で、ポツポツと黒ずんだ見た目が特徴です。

埋没毛は特に太い毛がなりやすく、脇やVIO部分は埋没毛による黒ずみが目立ちやすいと言えるでしょう。

この他に、毛抜きの途中で切れたものが毛穴の中で引っ掛かって起こることもあります。

また、自己処理によって繰り返し皮膚が刺激を受けると、皮膚を守ろうとメラニン色素が増殖します。

メラニン色素は紫外線を浴びたことによる日焼けの原因と言うのが一般的な認識ですが、実はムダ毛の自己処理でも同様のメカニズムで起こり、シミやくすみなどの色素沈着を起こすことがあります。

ムダ毛の処理なら脱毛サロンがお勧め

脱毛サロンで行われる脱毛方法は、光脱毛と呼ばれるもの。

文字通り、光を照射することで熱を発生させ、毛乳頭を破壊して毛が生えてこなくするというのがその仕組みです。

先述したように、毛は毛乳頭が栄養や酸素を受け取って成長します。

光脱毛では、その源を破壊してしまうため、毛抜きのように再び毛が生えてくることがありません。

ただし、毛乳頭を破壊することは医療行為に当たるため、美容クリニックで使用される医療用レーザーのみが許可されており、医療機関ではない脱毛サロンでは医療用レーザーと同等の高い出力を使用することができません。

永久脱毛を謳うことも禁じられているのも、このような理由からです。

しかし、だからと言って光脱毛に永久的な脱毛効果がないわけでもありません。

実際に脱毛サロンで光脱毛を受けて、ムダ毛が生えてこなくなったという人は多くいます。

肌への負担は0ではありませんが、毛抜きのように引っ張って毛穴や皮膚を傷つけることはないですし、肌のコンディションを含め、専門の知識を持った人が施術を行ってくれます。

ムダ毛の悩みが解決するだけではなく、肌が綺麗になることも

脱毛サロンで施術を受けると、すぐに施術した部分から毛が生えてこなくなるわけではありません。

医療用レーザーよりも出力が低い光脱毛は、施術後一週間くらいで毛が抜ける→そこから前よりも細く薄い毛が生えてくる→再び施術をする→さらに毛が細く、目立たなくなる→施術を受ける→毛が殆どわからなくなる、という過程を経ていきます。

毛量や毛質にもよりますが、脱毛の効果が現れるまでは5~6回は施術を受けなければいけません。

しかし、この過程を経て自己処理の回数が減ると、それまで肌に掛かっていた負担が大幅に減るため、肌の調子が整いやすくなります。

ムダ毛のない人の肌が綺麗なのは、保湿などのケアがしっかりしていることの他に、自己処理の回数が少ないというのもとても重要なポイントと言えるでしょう。

さらに、光脱毛の光はメラニンに反応するため、皮膚のシミや黒ずみなどにも働きかけ、くすみのない肌を取り戻すことができることもあります。

脱毛中の毛抜きNGの理由

脱毛サロンで脱毛中、施術前のムダ毛が伸びてくると、自己処理をしてから来店して下さいとお願いされます。

この時、カミソリは肌を傷つける恐れがあるからと、毛抜きを使ってムダ毛を処理してしまうと、施術を受けられなくなってしまいます。

なぜなら、光脱毛は毛のメラニンに反応して熱を発生させ、毛を通じて毛根部にある毛乳頭に熱を伝えて破壊するからです。

そのため、毛がないとその処理が行えなくなってしまいます。

また、光脱毛は毛周期と呼ばれる毛の生え変わりのサイクルを利用して行われるため、毛抜きでムダ毛を強引に抜いてしまうと毛周期が狂ってしまい、施術の効果が薄れてしまうことがあります。

このようなことから、脱毛サロンでは脱毛中の毛抜きの使用はNGとしています。

施術前はもちろんのこと、施術後も自己処理を行う時は、肌に負担の少ない電気シェーバーを利用するのがよいでしょう。

\この記事が気に入ったらいいね!/

この記事が気に入ったらぜひ
いいね!してください。

皆様に役立つ情報をお届けします。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事